ページ内移動用のメニューです。


小水力発電システムの製造・販売事業開始(カワサキプラントシステムズ)

2009年01月20日

 

 

 

川崎重工グループのカワサキプラントシステムズは、川崎重工と共同開発した小水力発電システム (製品名:リング水車、型式:インライン型プロペラ水車)の製造・販売事業を開始します。

小水力発電とは、これまで顧みられなかった未利用の水力エネルギーを使って小規模な発電を行うもので、CO2排出量が少なく、発電量の変動も小さい、安定した自然エネルギー(新エネルギー)発電システムです。
当社が製造・販売するリング水車は、従来のシステムに比べて大幅な小型化と低騒音化を実現しました。また、今回の事業開始に先立ち、兵庫県内の多目的ダムにおいて実証試験を行っており、所期の目標を満たす性能を確認しています。

本システムの主な特長は次のとおりです。
(1)コンパクト設計

永久磁石を水車(ランナ)に埋め込むことで、水車と発電機を一体構造とし、従来のインライン型水車に比べて半分以下のサイズを実現しました(特許出願中)。これまで小水力発電の導入が難しかった既設の狭い配管スペースにも設置が可能であり、据付工事も簡単です。

(2)低騒音・低振動

水潤滑軸受の採用により固体接触が生じないため、騒音や振動がほとんど発生しません。そのため、住宅が近い場所に導入する場合でも、特別な騒音対策は不要になります。また、減圧弁・流量調整弁の代わりに当社のリング水車を導入すれば、発電エネルギー回収と同時に、周辺環境への騒音を大幅に低減することができます。

(3)オイルレス

発電用水流の圧力だけで水車の回転を支える水潤滑軸受を採用しているため、オイルを全く使用せず、水質に影響を与えません(特許出願中)。

(4)メンテナンス・フリー

オイル補充やベルト交換などの日常メンテナンスが不要です。

リング水車は20kWから500kWまでのラインアップを揃えており、今後、本システムを、浄水場、河川維持放流・利水放流を行っているダム、工場・プラント向けに販売することで、これまで未利用だったエネルギーを電力として回収するだけでなく、CO2排出削減にも大いに貢献できると考えています。

小水力発電導入にあたっては、NEDOなどによる費用補助制度や、小水力発電の売電価格に環境価値を上乗せできるRPS(Renewable Portfolio Standard)法を適用することができるなど、国の方針としても普及が後押しされています。
当社は、新エネルギーである小水力発電をはじめ、エネルギー、産業インフラ、環境保全技術分野に おいて優れた技術、製品を提供していくことにより、世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献 していきます。

□リング水車の仕様

水車形式 インライン型プロペラ水車(発電機一体型、特許出願中)
発電機形式 永久磁石型同期発電機
潤滑形式 水潤滑 (特許出願中)
ラインアップ 口径200mm、300mm、450mm、650mmの4タイプにシリーズ化。
出力20~500kW、落差5~30m、流量0.14~2.8m3/s に対応

前のページへ戻る

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る