ページ内移動用のメニューです。


国内初のムービングベルト付き実車風洞を富士重工業株式会社に納入

2008年09月02日

 

 

 

 

川崎重工は、国内初のムービングベルト付き実車風洞を富士重工業株式会社に納入しました。

本風洞の特長は、実走行に近い状態を風洞試験で実現するために、道路に相当する自動車下の部分を風速と同じ速度で移動させる移動地面板、いわゆるムービングベルトを装備していることです。

ムービングベルトは、車体下に1ベルト及び車輪用に4ベルトの計5ベルトで構成されています。車輪用ムービングベルトは、車輪周りの空気の流れを模擬するため、車輪荷重を支持しベルトの移動により車輪を回転させます。したがって、試験車両に作用する空力荷重を計測するための六分力天秤装置(※1)は、車輪用ムービングベルトを組み込んだ構造としています。

本風洞は、全長65m×幅40mの水平回流式(※2)、測定部は3/4セミオープン型(※3)、ノズルサイズ(※4)は幅5.1m×高さ3mであり、最高速度180km/hまでの試験が可能です。
また、気流温度の上昇により空力結果に誤差が生じることから、気流温度上昇抑制のために、外気導入と風路内に設置した水冷コイルによる冷却を併用できるようにしています。

当社は、1957年から航空機用風洞、自動車用の熱風洞及び日本自動車研究所向けの実車風洞、さらには建築用風洞等、現在まで数多くの風洞を納入してきました。
今後も風洞のトップメーカとして、さらなる技術開発・向上に取組んでいきます。

※1: 空力荷重の垂直力、抗力、横力、縦揺モーメント、横揺モーメントおよび偏揺モーメントの六分力を計測する装置
※2: 水平な風路内を気流が回流する風洞形式を言う
※3: 測定部天井面、2側面および床面のうち床面を除く3面が開放している測定部形式
※4: 吹き出しノズルのサイズ

前のページへ戻る

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る