ページ内移動用のメニューです。


自社開発の高効率「グリーンガスエンジン」を用いた発電設備の運転を開始

2007年12月03日

 

 

  川崎重工は、自社開発のガスエンジン「グリーンガスエンジン」を用いた発電設備の実証プラントを建設しました。本年12月中に系統連系運転を行います。

本発電設備は、日本エネルギーネットワーク(株)(東京都千代田区)の関連会社である、上越エネルギーサービス(株)(新潟県上越市中郷区)に建設され、同社所有の発電設備と連携して運転が行われます。
今回建設した実証プラントは、「グリーンガスエンジン」シリーズ最大機種となるガス専焼V型18シリンダの「KG-18ガスエンジン」を用いた発電設備で、発電出力は7,800kWです。当社は本プラントにより、「グリーンガスエンジン」の信頼性を長期間の運転により実証することにしています。

当社が開発した「グリーンガスエンジン」は、世界最高の発電効率48.5%とともに、NOx排出量についても160ppm(O2=0%換算)の低排出量を実現した、経済性に優れ、環境にやさしい画期的なガスエンジンです。また、「グリーンガスエンジン」シリーズは、シリンダ数12、14、16、18の4機種を取りそろえ、出力域として5.0~7.8MWまでをカバーしており、多様な顧客のニーズに対応することが可能です。

地球温暖化への対応が世界的に大きなテーマになる中、当社は、今後とも、エネルギー関連分野において新たな技術開発に積極的に取り組み、地球環境の改善に貢献していきます。

今回建設したガスエンジン発電設備の概要は、以下のとおりです。

□設備概要
設備構成 ガスエンジン発電設備/KG-18ガスエンジン
シリンダ径:30cm
シリンダ数:18
回転数750rpm
燃料 天然ガス
発電出力 7,800kW
発電効率 48.5%
NOx排出値 160ppm(O2=0%換算)

 

前のページへ戻る

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る