ページ内移動用のメニューです。


株式会社メディカロイドの現地法人が米国シリコンバレーで営業開始

2016年01月13日

川崎重工業株式会社(本社:神戸市、代表取締役社長:村山 滋 以下「川崎重工」)とシスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役会長兼社長:家次 恒 以下「シスメックス」)の合弁会社である株式会社メディカロイド(本社:神戸市、代表取締役社長:橋本 康彦 以下「メディカロイド」)は、米国に現地法人MEDICAROID,INC.(メディカロイドインク)を設立し、2016年1月より営業を開始しました。MEDICAROID,INC.は、米国において、医療用ロボットの技術開発、マーケティング活動、FDA(米国食品医薬品局)対応による認証取得業務をメディカロイドと連携して行い、今後のビジネス拡大を目指します。

1990年代に米国で開発された医療用ロボットを用いたロボット支援手術は、様々な臨床研究・試験で安全性および有効性が実証され、患者様への影響が小さい低侵襲治療として急速に適応範囲を広げています。日本においても2009年に医療機器としての認可を受け、前立腺がんをはじめとした疾患の手術治療への適用が始まっています。
米国は医療用ロボット市場の過半を占める世界最大の市場です。さらに、カリフォルニア州サンノゼ市を中心とした、いわゆるシリコンバレーは、著名なIT企業、大学、医療機関、医療用ロボット企業が集積した、医療技術の最先端をゆく地域です。

メディカロイドは、MEDICAROID,INC.のこのような医療技術の最先端の地における活動を通じて、川崎重工およびシスメックスの研究開発・ものづくり力を活かした日本製の医療用ロボットを米国に展開し、さらなる医療の発展に貢献していきます。

 

【MEDICAROID,INC.の概要】

 

  所 在 地 :  アメリカ合衆国カリフォルニア州サンノゼ市(シリコンバレー)
  代 表 者 :  高地泰浩
  設 立 日 :  2015年10月9日
  資 本 金 :  US$1,500,000(メディカロイド 100%出資)
※メディカロイドは、川崎重工とシスメックスの折半出資による合弁会社
  従業員数 :  8名
  事業内容 :  医療用ロボットの技術開発、認証取得、マーケティング、営業およびサービス

 

 

前のページへ戻る

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る