ページ内移動用のメニューです。


フリーゲージトレイン新試験車両を納入

2014年04月21日

C3140421-1.jpg 

 

川崎重工は、独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(以下、鉄道・運輸機構)向けフリーゲージトレイン新試験車両(以下、FGT新試験車両)を九州旅客鉄道株式会社(以下、JR九州)の熊本総合車両所に納入しました。

FGT新試験車両は、鉄道・運輸機構が主体となり開発したもので、新幹線(標準軌1,435m)と在来線(狭軌1,067mm)など、異なる軌間(ゲージ)を直通運転できるよう、車輪の左右間隔を軌間に合わせて自動的に変換する車両です。当社はこれまでもFGT試験車両2編成の開発に参画してきました。

今回のFGT新試験車両は4両編成で、当社は両先頭車と中間車(3号車)の計3両分の車体と軌間可変台車の製作を担当しました。FGT新試験車両には、当社が通勤車両や高速車両など数多くの鉄道車両の開発・製作を通じて培ってきた独自技術を活かし、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)製の先頭部構体や軽量タイプの特高圧電気品の採用、カーテンに代わる調光機能付ガラスの採用など最新の技術を取り入れています。また、鉄道車両デザインの豊富な経験を駆使し、FGT新試験車両の外観デザインも担当しました。

今後、鉄道・運輸機構がJR九州の路線において走行試験を実施します。当社も新幹線区間と在来線区間での性能評価や保全性、経済性の確認に協力していきます。

当社は今後とも、これまで取り組んできた数々の高速鉄道車両で培った経験と技術力をベースに、地球環境に配慮した高速鉄道車両を提供していきます。

 

 □ FGT新試験車両の概要

 

① 最高運転速度

新幹線区間 270km/h、在来線区間 130km/h

  ② 車体寸法 先頭車 22,825mm、中間車 20,000mm 

 

前のページへ戻る

川崎重工技報
川崎重工グループの多彩な製品と、それらを支える様々な先進技術をご紹介する技術情報誌です。

ページの終わりですページの先頭へ戻る