ページ内移動用のメニューです。


世界最大級のフェロニッケル製錬プラントを引き渡し(カワサキプラントシステムズ)

2009年11月17日

 
 

川崎重工グループのカワサキプラントシステムズは、韓国・ポスコ社グループのSNNC社向けに、世界最大級のフェロニッケル製錬プラントを引き渡しました。

本プラントは、年産3万トンのフェロニッケル生産能力を持ち、フェロニッケルを原料としたステンレス製品の生産を手掛けるポスコ社光陽製鉄所の近接地に建設されました。2006年8月に契約調印した本プラントは、建設工期を約3ヶ月短縮し、2008年10月初めより稼動を開始しました。2009年4月および9月末に性能確認試験を実施し、保証条件を満たす運転結果を得て、このたび引き渡しを完了しました。

当社の所掌範囲は、電気炉を除く主要プロセス機器(ロータリードライヤー、ロータリーキルン、ショットメイキング等)を含むプラント一式の設計、製作および試運転の技術指導です。また、インドネシアのアンタム社(PT ANTAM Tbk.)において操業トレーニングを実施し、川崎重工技術研究所によるプロセス解析・検討を行い、最適なフェロニッケル生産の提案を行いました。

本プラントの建設について、当社は的確な調達先の選定や着実な施工管理により、当社所掌の建設工期を約3ヶ月短縮しています。これにより、SNNC社は世界最大級のフェロニッケル製錬プラントの工期を、従来より約6ヶ月短縮することに成功しており、当社の総合プラントエンジニアリング力の高さは、ポスコ社・SNNC社より非常に高く評価されています。
また、本プラントの完成により、ポスコ社はステンレス製造業界において、世界で初めてニッケル鉱山開発からフェロニッケル生産、ステンレス製品生産に至る一貫体制を完成し、世界屈指のステンレスメーカーとしての地位を一層堅固なものとしました。

今回の短納期による世界最大級のフェロニッケル製錬プラント引き渡しは、当社にとって同事業における大きな前進であり、今後もSNNC社、アンタム社をはじめとして世界各地で積極的に事業を展開していきます。

□設備の概要
  1. 納入場所 : 韓国 光陽市
  2. 設備形式 : ロータリーキルン式乾燥・焼成炉
  3. 受注内容 : 機器設計、納入、据付工事、試運転の技術指導
  4. 生産能力 : 3万トン-Ni/年

SNNC社 : 韓国のポスコ社とニューカレドニアの鉱山会社であるソシエテ・ミニエール・デュ・シュド・パシフィック(SMSP)社との合弁会社。

 

   

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る