ページ内移動用のメニューです。


大型貫流ボイラ「イフリート」低NOxシリーズを新発売(川重冷熱工業)

2008年03月18日

 
 

川重冷熱工業は、大型貫流ボイラ「イフリート」に、ボイラ排気ガス中の窒素酸化物(以下、NOx)排出値が、国の規制値を下回り、業界トップレベルとなる、40ppm※1以下の低NOx仕様をラインアップし、2008年3月より新発売します。

大型貫流ボイラ「イフリート」は、
(1)大型ボイラ並の優れた制御方式と高い蒸気乾き度特性
(2)貫流ボイラならではの高効率・コンパクト性
とを併せ持つ新しいコンセプトのボイラとして、2000年に販売を開始しました。その優れた蒸気圧力の安定性、高効率、素早い起蒸という特長から、主に産業用の主熱源機や、コージェネレーションシステムのバックアップ用熱源機などに幅広く使用されています

当社は、環境問題への意識が高まる中、「イフリート」の環境性と省エネ性の両面から、性能向上に取り組んできました。この度発売する低NOxシリーズは、従来機では60ppmであったNOx排出値を、独自方式により燃料ガスと空気を混合することで、低空気比燃焼※2を維持しながらNOx排出値40ppm以下を達成したものです。NOx排出量に総量規制のかかる大規模ユーザや、排出規制値が厳しい地域のユーザに、標準仕様で対応することが可能となります。

さらに、当社は、滋賀工場に開設したショールームにおいて、小型貫流ボイラと大型貫流ボイラ「イフリート」の実機運転を公開しており、開設後半年で100名を超える方々に「イフリート」の特性をご確認いただいています。この度発売を開始する低NOxシリーズとあわせ、「イフリート」の拡販に一層注力していきます。

今後とも、当社は、ユーザの要望に応え、省エネルギーや環境負荷低減を実現できるシステム・機器の開発・販売を通じて、地球環境に貢献していきます。

大型貫流ボイラ「イフリート」低NOxシリーズの概要は以下の通りです。


1.特長

(1) ボイラ技士資格不要
  6T/hまで、法的には、「取扱い講習修了者」が取扱えることから、ボイラ技士の免許は不要となります。これらの適用は、単缶でも、複数缶でも同じです。
   
(2) 安定した蒸気圧力と部分負荷時のボイラ効率の向上
  ボイラの燃焼制御を比例制御とすると共に、蒸気圧力の制御を「比例積分制御」とし、つねに安定した蒸気圧力を維持します、また、給水時の圧力低下を補完すべく給水時の先行補正を行い、さらに蒸気圧力の安定化を図っています。
これらにより、蒸気の質に優れた大型ボイラと同様の安定した蒸気の供給が可能となるとともに部分負荷時のボイラ効率を向上しました。
 

13Aガス焚き「イフリート」(IF-6000AGE 1台)と、一般的な三位置制御の当社小型貫流ボイラ2000kg/h 3台を年間運転時間7200h、平均負荷率60%で運転した場合を比較すると「イフリート」はボイラ効率2~5%アップし、年間約200万円分のガス消費量が削減されるとともにCO2排出量も2~5%削減されます。

   
(3) 優れた耐久性と維持費の低減
  ボイラ本体内に、給水脱気器を標準装備し、溶存酸素によるピッチング腐食を低減する構造となっており、他社の小型貫流ボイラに比べ、薬品使用量を少なく抑えることができます。さらに、給水脱気器で給水温度を上昇させることから、水管の硫酸腐食の心配もなく、本体寿命が大幅に延びています。運転維持費の低減と長寿命化により、トータルコストを大幅に節減できます。

2.仕様

機種 IF-3000A(M)GE IF-4000A(M)GE IF-5000A(M)GE IF-6000A(M)GE
換算蒸発量 3000 kg/h 4000 kg/h 5000 kg/h 6000 kg/h
最高使用圧力 0.98 ,1.56 MPa
ボイラ効率 96%(蒸気圧力0.49MPa,給水温度15℃,給気温度35℃)
使用燃料 都市ガス13A中圧

※1 :NOx値はO2=0%換算。
※2 :省エネ法にある「ボイラーの空気比基準」。

□お問合せ先
川重冷熱工業株式会社 東京本社
営業・サービス総括室 営業・サービス管理部
TEL 03-3615-5821

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る