ページ内移動用のメニューです。


「1400GTR」などニューモデル6機種を「インターモト2006」に出展

2006年10月10日


1400GTR

川崎重工は、10月11日より5日間にわたってドイツ・ケルン市で開催される「インターモト2006」に、ニューモデル6機種を出展します。
今回カワサキは、近年欧州市場で人気が高まっているスポーツツアラーのニューモデルとして、ワインディング(注1)で楽しむためのスーパースポーツ性能と、長距離走行での快適性をあわせ持った「1400GTR」を発表します。同時に、サーキット走行No.1を目指すためフルモデルチェンジし、さらなる進化を遂げた中間排気量スーパースポーツモデル「Ninja ZX-6R」と、スタイリングを一新し、スポーツ走行性能を高めたスポーツモデル「Z1000」を出品します。
さらに、7月に発表され欧州のモーターサイクル専門誌各誌で好評を得た、街乗りから中距離ツーリングまで幅広い用途に応え、高いスポーツ性能もあわせ持つ「Versys」を展示します。また、カスタムパーツを装備した中排気量クルーザー(注2)モデル「VN900 Custom」や、エンデューロ(注3)モデル「KLX450R」をあわせて発表します。


(注1)曲がりくねった道。
(注2)ゆったりとした乗車姿勢で乗るアメリカンスタイルモーターサイクルの総称。
(注3)自然の地形を活かしたオフロードでの走行を楽しむためのモーターサイクルの総称。



「インターモト2006」出展モデルの概要

□スポーツツアラーモデル
「1400GTR」 
 スポーツ性の高いグランドツーリングモデル。カワサキ独自のアルミモノコックフレームや倒立フロントフォークなど、スーパースポーツモデルと同等の基本骨格を持ち、かつ、新開発のシャフトドライブや高い積載性のパニアケース、電動式ウインドスクリーンなどを装着した「1400GTR」。並列4気筒DOHC4バルブエンジン(1,352cm3)は、回転数に応じてバルブ開閉のタイミングを最適化するバリアブル・バルブ・タイミングを組み合わせ、発進加速から豊かなトルクを発揮しつつ、高回転では伸びがあるという、このモデルのコンセプトにふさわしい特性を持っています。
 
□スーパースポーツモデル
「Ninja ZX-6R」 
 カワサキのスーパースポーツモデルを代表する、「Ninjaシリーズ」の中間排気量モデル。サーキットなどでの走行性能の向上を狙い、水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブエンジン(599cm3)やシャーシなどの基本設計を刷新。これにより、車体全体のスリム化とコンパクト化が可能となり、常用する中回転から高回転までパワフルに回るエンジンと軽快なハンドリングを実現しました。さらに、プロジェクターヘッドランプの採用や小型化されたマフラーにより、クラス最高レベルのエアロダイナミクスを達成しています。
 
□スポーツモデル
「Z1000」 
 斬新なスタイルとスーパースポーツ譲りの走行性能を持つスポーツモデル。並列4気筒DOHC4バルブエンジン(998cm3)は、低中速回転域で高いトルクを発揮すると同時に、高度な制御を可能にするフューエルインジェクションの採用によって、優れたスロットルレスポンスも実現しています。これらにより市街地や高速道路、ワインディングなどでも優れたスポーツ性能を発揮するモデルとしています。
  
「Versys」 
 コンパクトで取り回しに優れたスタイリッシュな外観を持ち、高性能な倒立サスペンションなどを採用したスポーツモデル。上体が起きた自然なライディングポジションや、中速トルクを重視した水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブエンジン(649cm3)、前後17インチのホイールなど独特な車体構成によって、街乗りはもちろん、ワインディング走行、ツーリングなど、欧州のあらゆる道で意のままに高いスポーツ性能を楽しめるモデルです。
 
□クルーザーモデル
「VN900 Custom」 
 トルクフルな水冷4ストロークV型2気筒エンジン(903cm3)や、走行安定性に優れたハンドリング性能により、ビッグバイクの感覚を味わうことができる中間排気量クルーザーモデル。大径21インチキャストホイールやフラット形状のハンドルなど、カワサキのこだわりが随所に表現されたカスタマイズが施されており、独自性の高いスタイリングとなっています。さらに、「VNシリーズ」の特徴である、各部の造形に対するクラフトマンシップなども継承しています。
  
□エンデューロモデル
「KLX450R」 
 モトクロスレースの最高峰クラスで活躍する「KX450F」をベースに、エンデューロ車に必要とされる灯火類などの装備を追加したモデル。様々なオフロードで長時間走行することを考慮して、4ストローク単気筒エンジン(449cm3)は、その特性を低中速トルク重視のセッティングに変更し、さらに、強度バランスを最適化したアルミフレームなどによって優れた走破性を実現しています。また、「KX450F」をベースに専用セッティングを施したフロントフォークや、快適性を高めたワイドシートなど、エンデューロ走行に必要とされる変更を各部に施したことで、高い戦闘力を発揮します。
  


前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る