ページ内移動用のメニューです。


新設計の空冷並列2気筒エンジンを搭載したスポーツモデル「W400」を新発売

2006年02月14日

 


W400


 

川崎重工は、新設計の空冷並列2気筒エンジンを搭載したスポーツモデル「W400」を、3月20日より 全国一斉に新発売します。

近年の普通二輪免許取得者は、時代的価値観からも、それぞれが非常に個性的です。旅をのんびり楽しもうという人、スクーターよりもスポーツバイクに乗りたいという人、また、街でお洒落に走りたいと望む人など、自分のライフスタイルに合った新たな選択肢を求める声が高まりつつあります。

今回新発売する「W400」は、このような市場の動きを捉え、趣味性やファッション性に強いこだわりを持つお客さまを対象にした、高い品質感を持つスポーツモデルです。シンプルかつ格調高い外観と各部に高品質な表面処理を行い、新設計の空冷並列2気筒エンジン(399cm3)を搭載するとともに低シート高を実現するなど、扱い易さを重視したモデルです。

空冷エンジンの持つ美しさにこだわった新設計の並列2気筒エンジンはスムーズで扱いやすく、ライダーに乗る楽しみを与えます。また、薄型電気式メーターなどの機能部品の採用、バフがけ、クロームメッキや防錆処理を施したパーツ類など、細部にまで作りこまれた格調ある高品質な外観デザインは、ライダーに所有する喜びを与えます。


1.主な特徴

エンジン関係

  • 新設計の空冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブエンジン(399cm3)は、スムーズで扱いやすく、1軸バランサーの採用により、不快な振動を低減しています。
  • カムシャフトの駆動には、ベベルギヤを使用した独特のシャフトドライブ方式を採用し、シンプルなエンジン外観を実現しています。
  • クラシカルな形状をしたマフラーは、歯切れの良い独特の排気音を実現しています。
車体関係

  • セミアップハンドルを採用し、街乗りやツーリングなど、さまざまな乗り方に適したライディングポジションがとれます。
  • 765mmという低いシート高により、優れた足付き性を実現しています。
  • スタイリングの美しさと軽快なハンドリングのために、細身・大径のフロント19インチ、リヤ18インチタイヤを採用しています。また、アルマイト処理されたアルミリムと防錆スポークホイールは、高い品質感を長く持続させます。
  • フロントには大径300mmのシングルフローティングタイプのディスクブレーキ、リヤには160mm径のコンパクトなドラムブレーキを採用し、十分な制動力と微細なブレーキコントロールとを両立させています。
装備関係

  • 薄型電気式スピード/タコメーターにはシンプルなデザインを採用。スピードメーター内には液晶表示の時計、トリップ/オドメーターなどを配置しています。
  • ハンドルロック一体式のイグニッションスイッチには、異物挿入時に電気回路を遮断する、いたずら防止機構を採用しています。

2.主要諸元

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る