ページ内移動用のメニューです。


川崎重工業とスズキ二輪車の相互OEM供給を開始

2002年01月22日

川崎重工業株式会社(本社:兵庫県神戸市、社長:田﨑雅元)とスズキ株式会社(本社:静岡県浜松市、社長:戸田昌男)は、二輪車の相互OEM供給を2月より開始する。

両社は互恵と平等の精神に基づき、下表の通り国内市場向けにそれぞれ2モデル、海外市場向けにそれぞれ1モデルをOEM供給する。
今回の相互OEM供給の開始は、2001年8月29日に共同発表した二輪車の業務提携に関する基本合意に基づく、最初の成果となるものである。
両社はこれにより、お互いの経営資源を補完しあうとともに、収益性の高い 二輪車事業構築の第一歩とする。



両社は今後も、更なるOEM供給や新商品開発、部品の共通化などを積極的に 推進しながら、提携の実効を上げていく。

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る