ページ内移動用のメニューです。


パワープラント事業部において「ISO14001」の認証を取得

2001年03月05日

川崎重工は、パワープラント事業部において環境マネジメントシステムの国際規格である「ISO14001」の認証を取得しました。今回の認証は、財団法人日本海事協会品質システム審査室の審査を経て取得したものです。

審査登録の事業活動は、「発電プラント・ボイラ設備、原子力設備、石炭灰処理設備及び熱交換器の開発・設計・据付工事・試運転・補修工事・事務所における活動」となっています。

認証取得にあたっては、当事業部所掌製品の『設計・開発業務』、『据付・試運転業務』並びに『事務所における業務』に関して環境マネジメントシステムを構築し、地球環境保全活動を推進した結果、計画どおりISO14001の認証を取得することが出来ました。

当社は、2000年度より「第3次(2000~2002年度)環境保全活動基本計画」を開始し、「循環型社会の形成推進に積極的に参画し、より充実した環境調和型経営を目指す」ことを掲げ、グリーン調達や環境会計などの導入も視野に入れながら環境保全活動の一層の充実を図っております。今後とも当社は、より環境に配慮した生産活動を推進することはもとより循環型社会の形成推進のため、社会・市場ニーズに加え、環境に充分配慮した製品の開発に努めて顧客満足度(CS)の向上を図っていきます。

「ISO14001」認証取得事業部
取得事業部 取得年月
精機事業部 1998年 2月
環境装置事業部 1999年 3月
鉄構・機器事業部 1999年11月
汎用機事業本部 2000年 2月
ガスタービン事業部(ジェットエンジン部門) 2000年 3月
建設機械事業部 2000年 5月
産機プラント事業部 2000年 7月
破砕機事業部 2000年 8月
船舶事業部(坂出工場) 2000年 8月
機械事業部 2000年11月

(※)汎用機事業本部には、1998年10月に認証取得したロボット総括部 (旧 ロボット事業部)を含みます。

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る