ページ内移動用のメニューです。


多用途四輪車「MULE PRO-FX(EPS)」が消防車に国内初採用

2018年05月31日

川崎重工の多用途四輪車「MULE PRO-FX(EPS)」(以下、MULE)は、大手消防車メーカー株式会社モリタから高い機動性や悪路における走破性などが評価され、同社の新型消防車「小型オフロード消防車 Red Ladybug」のベース車として採用されました。

公道走行ができない多用途四輪車が、各種構造を変更することで大型特殊自動車として公道走行が可能な消防車に採用される例は国内で初めてとなります。

Red Ladybug

<小型オフロード消防車 Red Ladybug>(提供:株式会社モリタ)

※「小型オフロード消防車 Red Ladybug」の実車は、5月31日(木)から6月3日(日)まで東京ビックサイトで開催される「東京国際消防防災展2018」のモリタブース(東ホール、小間番号5-71)に展示しています。

 

近年、日本で発生している災害の現場では、消火作業、緊急の運送、避難援助、水辺の救助などにおいて不整地を走行でき、なおかつ機動性の高い作業車が必要とされています。MULEシリーズは、4WDによるパフォーマンス、耐久性、快適性を備え、頼りになる“現代のワークホース”として1988年以来、北米を中心に牧場や農場のメインテナンスやハンティングなどで数多くの実績を有することから、不整地での消防活動への利用が期待され、今回の採用となりました。

当社は、今回の消防車のベース車採用を機に、災害対応、消防防災やレスキュー、簡易除雪などの用途拡大に向けた利用を提案し、安全な社会の実現に貢献していきます。

 

「MULE PRO-FX(EPS)」の特長および主要諸元 

(特長)

・高い耐久性と機動性、オプション装備品が充実しているので、多用途に活躍。

・エンジンやハンドリング、サスペンション性能が高く、長時間走行での疲労低減を実現。

(主要諸元)

エンジン

水冷・4ストローク・DOHC 直列3気筒

排気量

812cm3

最高出力

35kw(48ps)/5,500 rpm

最大トルク

65N・m(6.6kgfm/3,500rpm)

全長×全幅×全高

3,385mm×1,625mm×1,965mm

最低地上高

265mm

タイヤサイズ

前 26×9.00R124PR

後 26×11.00R12 4PR

装備質量

830kg

最小回転半径

4.8m

荷台積載質量

453kg

牽引質量

907kg

乗車人員

3人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※株式会社モリタの「小型オフロード消防車 Red Ladybug」のベース車両(各種構造変更前)諸元値。

※国内での一般個人向け販売は予定していません。

MULE PRO-FX

MULE PRO-FX(EPS)

 

【株式会社モリタの概要】

ポンプ車からはしご車、コンビナート向けの消防車や空港用の消防車、さらに世界初の消救車など、幅広い消防車を開発・製造・販売しています。また、消防車専用のキャブやボディー、タンクの製造など特殊部品の製造も行い、さらに万全の体制および高い専門技術で応えるために、消防車の保守点検・オーバーホール専門の会社も有し、お客様のニーズにより迅速にお応えできる体制を整えています。

本社所在地 : 兵庫県三田市テクノパーク1番地の5

代 表 者 : 代表取締役社長 尾形 和美

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る