ページ内移動用のメニューです。


統合報告書「Kawasaki Report 2013」の発行について

2013年09月24日

C3130924-1.jpg

 

川崎重工は、統合報告書「Kawasaki Report 2013」を発行しました。

本報告書は、従来、アニュアルレポートで報告してきた経営戦略および財務報告と、CSR報告書に掲載してきたサスティナビリティに向けた取り組みを総合的に紹介するもので、川崎重工グループとしては初の発行となります。

川崎重工グループは、「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献する “Global Kawasaki”」をグループミッションに掲げ、経営とCSRの一元化に向けた取り組みを進めています。

「KawasakiReport 2013」では、この取り組みの一環として、「事業」と「サスティナビリティ」、「社会課題を解決する使命」との親和性や同軸性を重視し、以下の内容を新たに掲載しています。

 

 
事業を通じた社会課題解決
社会に貢献している当社の製品や、当社が事業を通じて取り組むべき社会課題を紹介しています。
 
創出価値およびステークホルダーへの配分
当社が事業を通じて創出した価値(利益)や、ステークホルダーへの価値の分配(コストまたは配当)について示しています。

 

また、「KawasakiReport 2013」では、「冊子版(ダイジェスト版)」を発行するとともに、インターネットホームページに「フルレポート版」と「環境情報詳細版」を掲載し、より詳細な情報開示を行っています。

当社は本報告書を、川崎重工グループの企業活動・事業活動に対するステークホルダーの期待や要請を受けるコミュニケーションの土台として位置付けていきます。

 

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る