ページ内移動用のメニューです。


「ジェットスキー」シリーズの最上級機種 「ジェットスキー ULTRA 300X」を新発売

2011年02月09日

C3110209-1.jpgジェットスキー ULTRA 300X    C3110209-2.jpgジェットスキー ULTRA 300LX
     

川崎重工は、「ジェットスキー」シリーズの最上級機種「ジェットスキー ULTRA 300X」を、4月20日より新発売します。

今回新発売する「ジェットスキー ULTRA 300X」は、水冷4ストローク4気筒DOHC4バルブエンジン(1,498cm)に、新型EATON製TVS(Twin Vortices Series)(注)ルーツ式スーパーチャージャーを搭載。従来モデルより出力を大幅に向上させるとともに、スムーズなスロットルレスポンスを実現しています。船体には、高剛性と軽量化を両立させた新設計のディープV型ハルや、ジェットポンプノズルの上下角度が調整可能なエレクトリック・トリム・コントロールを採用し、荒れた水面でも優れた操縦安定性と、高い旋回性能を備えています。また、強大なエンジンパワーを効率的かつ緻密に制御するエレクトロニック・スロットル・バルブを採用することにより、エレクトロニック・クルーズ・コントロールや各種エンジンモード切り替えを可能にしています。フロント部は、パワフルでアグレッシブなイメージを強調した、新たなデザインを採用。「ジェットスキー ULTRA 300X」は、圧倒的な加速性能、優れた操縦性能に加え、電子制御技術により利便性、快適性を高めた、ひとクラス上の「ジェットスキー」のフラッグシップです。

また、「ジェットスキー ULTRA 300X」と共通のエンジンと船体に、ホールド性と快適性に優れたラグジャリーシート(LXuryseat)を採用し、外装にメッキパーツやメタリックペイントを用いて質感を向上させた「ジェットスキー ULTRA 300LX」を、5月20日より新発売します。

両機種ともに、燃費効率を優先したエンジンマッピングのフューエル・エコノミー・アシスタンス・モードや、燃費効率の良い走行時に点灯するエコノミカル・ライディング・インジケーターなど、低燃費運転を支援する新機構を採用。2011年モデルから導入される(社)日本舟艇工業会の国内排出ガス二次規制を クリアし、世界で最も厳しいといわれる米国カリフォルニア州大気資源局(CARB)の最高基準値(スリースター)にも適合する高い環境性能を実現しています。

 (注)従来のルーツ式スーパーチャージャーは2個の繭型(二葉)ローターによって断続的に過給するのに対して、TVSは2個のスクリュー型(四葉)ローターによって連続的に過給する方式。

 

商品名
 ジェットスキー ULTRA 300X
 ジェットスキー ULTRA 300LX
発売予定日
 2011年4月20日
 2011年5月20日
メーカー希望小売価格
 1,900,500 円
 (本体価格 1,810,000 円 )
 1,942,500 円
 (本体価格 1,850,000 円 )
年間予定販売台数
500台
カラー
 エボニー×ライムグリーン(2トーン)
 エボニー×サンビームレッド(2トーン)
 メタリックチタニウム×
 ルミナスヴィンテージレッド(2トーン)

※メーカー希望小売価格には、諸経費等を含みません。価格は参考価格です。

 

1.主な特長

□エンジン関係(ULTRA 300X、ULTRA 300LX 共通)

水冷4ストローク4気筒DOHC4バルブエンジン(1,498cm)に、新型EATON製TVS(Twin Vortices Series)ルーツ式スーパーチャージャーを搭載。大容量の水冷インタークーラーや、ハイフロータイプのフューエルインジェクションと組み合わせることで、更なる高出力化を達成しています。新型スーパーチャージャーは、従来型と比べ充填効率を28%向上しながらも、メカニカルロスを10%低減。また、連続的な過給特性により、スロットルの開け始めから全開まで、スムーズなスロットルレスポンスを実現しています。
ジェットスキー初となるエレクトロニック・スロットル・バルブを採用。スロットルバルブを電気的に開閉させ、最適な吸入空気量となるよう調整することで、強大なエンジンパワーを効率的かつ緻密に制御。また、ライダーが任意に速度を設定可能なエレクトロニック・クルーズ・コントロールや、マリーナや湾内など、スピード制限が設けられた場所で使用するワンタッチ・5マイル・モードなど、電子制御による新機構を搭載しています。
ハンドル左手側に設置されたボタンを押すことで、燃費効率を優先したエンジンマッピングに切り替えられるフューエル・エコノミー・アシスタンス・モードを採用しています。

 

□船体関係(ULTRA 300X、ULTRA 300LX 共通)

新設計のディープV型ハルは、剛性バランスを最適化。エンジンの高出力化に対応する高剛性を実現しながらも、従来モデルよりも軽量化を達成。あらゆる水面状況での安定性と、優れた旋回性能を両立しています。また、ハル前部には4本のKSD(カワサキ・スプラッシュ・ディフレクター)を装備し、走行時の水しぶきを最小限に抑え、より快適なライディングを可能にしています。
ライダーの体格やライディングスタイルに合わせて、5段階の位置調整が行える5ポジション・アジャスタブル・ハンドルを採用しています。
新開発のエレクトリック・トリム・コントロールシステムにより、ジェットポンプノズルの上下角度を±8°の間で無段階に調節可能。荒れた水面ではノズルを上向きにして船首を上げて凌波性を向上させたり、クイックなハンドリングを楽しみたいときにはノズルを下向きにして旋回性能を高めるなど、水面の状態やライディングスタイルに応じ、自由に船体角度の変更が行えます。
フロント部の形状は、パワフルでアグレッシブなイメージを強調した、新たなデザインを採用しています。

 

□装備関係(ULTRA 300X、ULTRA 300LX 共通)

新設計のフルデジタルメーターを採用。タコメーター、スピードメーターに加え、ブーストメーター、燃料計、アワーメーター、ワーニングランプ、水温計、外気温計、各種走行モードやジェットポンプノズルの角度など、様々な表示機能を備えています。また、走行中に燃費効率が優れているとシステムが判断した時、メーター内のECOマークが点灯するエコノミカル・ライディング・インジケーターも装備しています。
スムーズな旋回方法の習得に役立つKSS(Kawasaki Smart Steering)を採用。一定の作動条件を満たした場合、スロットルを全閉にしても旋回に必要なエンジン回転数を保ち、推進力を発生させます。
初心者の操船技術習得をサポートするSLO(Smart Learning Operation)モードを採用。フルパワーモード用とSLOモード用のイグニッションキーを差し替えることで、エンジン出力を約70%に制限することが可能です。上級者がクルージングを楽しむ時にも適しています。
イグニッションキーとECUを電子照合することで、エンジン始動の可否を判断するイモビライザー機能により、盗難抑止効果が期待できます。
200Lを超える大容量フロントストレージをはじめ、取り外し可能なドリンクホルダー付きグローブボックスやリアシート下の工具・小物収納スペースなど、利便性に優れる収納スペースを確保しています。

 

□装備関係(ULTRA 300LX)

人間工学に基づいた形状で、ライダーやパッセンジャーの身体をしっかりとホールドするラグジャリーシートを採用。加速時や荒れた水面でもライディングポジションが安定し、快適なクルージングが楽しめます。
デッキに高品質なメタリックペイントを施すとともに、ノーズやグラブバーの一部をクローム仕上げとすることで、高級感を実現しています。

 

2.主要諸元

商品名
ジェットスキー ULTRA 300X / ジェットスキー ULTRA 300LX
エンジン形式/弁方式
水冷4ストローク4気筒/DOHC4バルブ
総排気量
1,498cm
内径×行程
83.0mm×69.2mm
圧縮比
8.4 : 1
最高出力
213kW (290PS) / 7,750rpm
最大トルク
  263N・m (26.8kgf・m) / 7,250rpm
燃料供給方式
フューエルインジェクション
吸気方式
インタークーラー付スーパーチャージャー
潤滑方式
強制潤滑/セミドライサンプ
始動方式
エレクトリックスターター
点火方式
デジタル
バッテリー
12V / 18Ah
推進方式
ジェットポンプ 軸流式 単段
推力
7,871N (802.6kgf)
全長×全幅×全高
3,370mm×1,195mm×1,150mm
整備質量
462kg
使用燃料
無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量
78L
乗艇定員
3名

※「ジェットスキー」は、川崎重工の登録商標です。

※お客様の製品お問い合わせ先

   (株)カワサキモータースジャパン ジェットスキー営業部 078-921-2491

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る