ページ内移動用のメニューです。


防衛省向けP-1固定翼哨戒機の量産初号機が初飛行に成功

2012年09月25日

 

C3120925-2.JPG

 

川崎重工は、本日当社岐阜工場において、P-1固定翼哨戒機の量産初号機の初飛行に成功しました。

 P-1固定翼哨戒機の量産初号機は、午後12時39分に航空自衛隊岐阜基地を離陸し約2時間半の飛行を行った後、無事着陸しました。

今回初飛行に成功したP-1固定翼哨戒機は海上自衛隊の現有機「P-3C」の後継機です。防衛省が次期輸送機(XC-2)と共に2001年度より2機種同時開発を進めているものであり、当社は主担当企業として協力企業をはじめとする開発参画企業とともに開発作業を進める一方、2008年度にP-1固定翼哨戒機の量産初回契約を受注し、量産機の設計、製造作業を進めてきました。

今後は、当社岐阜工場において引き続き飛行試験を実施し、防衛省への2012年度納入に向けて総力を挙げて取り組んでまいります。

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る