ページ内移動用のメニューです。


中型の汎用ロボット「RS50N」と「RS80N」を新発売

2009年10月13日

 

「RS80N」

 

川崎重工は、中・小型ロボット「Rシリーズ」で最大機種となる「RS50N」と「RS80N」を新発売します。

今回発売する2機種は最大可搬質量50kg、80kgの垂直多関節型ロボットで、前身となる「Fシリーズ」の相当機種(FS45N、FS60L)と比べて可搬質量をそれぞれ5kg、20kgアップすると同時に、最大リーチ2,100mmのままで合成最大速度を約40%向上させました。

「Rシリーズ」は、従来の「Fシリーズ」の優れた性能をさらに進化させ、速度、手首トルク、慣性モーメント、繰返し精度などの性能を大幅に向上させた最新鋭機種です。アーム本体質量を7%軽量化したにもかかわらず、従来60kgだった最大可搬質量を80kgに増大し、組立・ハンドリング、シーリングなどの幅広いユーザの自動化要求にきめ細かく対応できます。

今後は、先に発売した「RS10L」「RS20N」に加えて、「RS03N」、「RS05L」、「RS06L」、「RS30N」などの機種を近々追加し、「Rシリーズ」のラインナップを充実させていきます。

なお、当社は「RS80N」をはじめとする新製品を2009国際ロボット展(11月25~28日、東京ビッグサイト)に出品する予定です。

商品名 RS50N RS80N
発売予定日 2009年11月1日 2009年11月1日
販 売 価 格※1 450万円 500万円
年間販売予定数 100台 100台

※1 販売価格は、メーカー希望小売価格。
(オプションおよび消費税は含まず。)

1.主な特長

1) 高速度

アームの軽量化、高出力/高回転小型モータの採用などにより、最高速度・加減速度を大幅に向上させました。さらに、負荷質量や姿勢に合わせて加減速度を自動的に変更し、常に最適なパフォーマンスを発揮することで、サイクルタイムの大幅な短縮を実現します。

2) 高トルク

高出力/高回転小型モータの採用、アーム剛性の強化などにより、手首負荷能力を向上させました。このことにより、ハンド、ツール、ワーク形状の選択の幅が大きく広がります。

3) 大きな可動範囲

最大リーチはもちろん、各軸の動作ストロークを拡大することにより、ロボットの下方や近傍の動作領域も拡大しています。これによりレイアウトの自由度がさらに高くなりました。

4) 高い環境適応性

各関節部は二重シール構造、コネクタ部には防水コネクタを採用し、手首:IP67※2、基軸:IP65※3を実現しました。さらに、オプションで基軸:IP67にも対応可能です。

5) 高い拡張性

オプションとして、内蔵のバルブ類やセンサーハーネスを用意しています。さまざまな周辺機器の使用や取り付けが容易にできます。さらに、アーム各部に標準装備したサービスタップで追加の配線、配管も容易です。

※2、※3 IP数値について
・「IP6*」:粉塵が内部に侵入しない。
・「IP*5」:いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響をうけない。
・「IP*7」:規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響をうけない。

2.主要諸元

機種 RS50N RS80N
アーム形式 垂直多関節型 垂直多関節型
動作自由度 6軸 6軸
最大リーチ 2,100mm 2,100mm
最大可搬質量 50kg 80kg
位置繰り返し精度 ±0.07mm ±0.07mm
合成最大速度 13,400mm/s 12,700mm/s
   

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る