ページ内移動用のメニューです。


横浜環状鉄道向けリニアメトロ車両60両を受注

2005年03月01日

川崎重工は、横浜市交通局より横浜環状鉄道(横浜市営地下鉄4号線)向けリニアメトロ車両60両(4両1編成)を受注しました。受注総額は約58億円です(台車等別発注の機器を除く)。

今回受注したリニアメトロ車両は、当社兵庫工場で製造され、2006年度に先行の2編成を納入し各種試験を行なった後、残りの13編成を2007年に順次納入していく予定です。なお、今回受注した車両が投入される横浜環状鉄道は、中山駅(横浜市緑区)より日吉(横浜市港北区)に至る10駅13kmを結ぶ地下鉄線で、現在横浜市交通局が2007年の開業を目指して建設を進めています。
また、当社が横浜市交通局向けの地下鉄電車を納入するのは、1970、71年に横浜市営地下鉄最初の1000形電車21両を納めて以来35年ぶりとなります。

リニアメトロ車両は、床下に装備される機器が小型なため車高を低く抑えることができ、地下鉄のトンネル径を小さく抑えることが可能なことから、従来方式の地下鉄建設よりも工事費等の削減を図ることができます。また、リニアメトロは、リニアモータと軌道上のリアクションプレートとの吸引・反発により推進力が得られることから、急勾配でも走行が可能です。

当社は、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線および神戸市営地下鉄海岸線向けにリニアメトロ車両を納入した実績を有しています。また、昨年には、中国・広州地下鉄向けにもリニアメトロ車両を受注しており、今回の受注は、これらの実績と当社の技術力が総合的に高く評価されたものです。
今後とも当社は、高い技術力と信頼性をもとに、環境負荷の少ない交通手段である鉄道車両を国内外に提供していきます。

□車両の概要
(1)車種 : 車輪式リニアモータ(リニアメトロ)車両(60両)
(2)車両長 : 63m/編成
(3)車体素材 : アルミ製
(4)最高速度 : 80km/h

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る