ページ内移動用のメニューです。


300,000DWTダブルハルタンカー「COSGREAT LAKE」の引き渡し(川崎造船)

2002年12月26日


 

 

川崎造船は、12月20日、中国南通市の南通中遠川崎船舶工程有限公司(NACKS)において、SG JADE INC.(エスジー・ジェイド・インク)向けダブルハルタンカー「COSGREAT LAKE」(コスグレート・レイク 当社建造第1524番船)の引き渡しを行いました。

本船は、当社が2001年2月に中国遠洋運輸(集団)総公司(COSCO)から受注したダブルハルタンカー2隻の第1番船で、NACKSが建造する初めてのVLCCです。第2番船については、2003年5月に、同じくNACKSにて引き渡す予定です。

本船の主要目ならびに特長は次のとおりです。

<主要目>

全長 333.00メートル
長さ(垂線間) 320.00メートル
型幅 60.00メートル
型深さ 29.30メートル
夏季満載喫水 20.878メートル
総トン数 159,730トン
載貨重量 298,833トン
荷油槽容積 342,243m3
主機関 川崎-MAN B&W 7S80MC MkVI型ディーゼル機関1基
連続最大出力22,650キロワット×71回転/分
航海速力 約15.6ノット
航続距離 29,000海里
定員 31名(乗組員26名)
船級 DNV&CCS
船籍 Panama
予定航路 中国から中東


<特 長>

1) 国際海洋汚染防止条約で原油タンカーに義務付けられたダブルハル構造を採用するとともに、省エネルギー対策として推進抵抗の少ない船型、フィン付きラダーバルブ(RBS-F MkII)および高効率タイプのプロペラを採用しています。
2) 本船の主要寸法は各国の港湾の入航制限に対応できる汎用性を持ったものとしています。
3) プロペラ起振力による水圧変動を吸収する川崎ダンプタンクを採用し、振動の軽減を図っています。

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る