ページ内移動用のメニューです。


環境へ配慮したスラグ用竪型CKミルを日鉄住金セメントへ納入

2018年01月12日

 C3180112-1.jpg

 

 川崎重工は、日鉄住金セメント株式会社(北海道室蘭市)に環境へ配慮したスラグ用竪型CKミルを納入しました。運転開始は2018年1月を予定しています。

竪型CKミルは、セメント工場において使用される粉砕機で、主原料(石灰石)と副原料(粘土やけい石、鉄原料)などを一緒に乾燥・粉砕する原料粉砕や、原料を焼成してできるクリンカを粉末状のセメントにする仕上粉砕の工程で使用されます。今回納入した竪型CKミルは、原料となるスラグの微粉砕を主目的としています。

当社は、環境にやさしいセメント製造機へのニーズに対応するため、粉砕部のローラ形状や製品分級部の改善、加圧機構を支えるスタンド部の材質を鋼板からコンクリートに見直すなどの改良を重ねることで、振動を大幅に低減したほか、従来の粉砕機(チューブミル)に比べて電力消費量を約50%削減する大幅な省エネルギー化を実現しました。これらの特長から、当社グループ製品の中でも特に高い環境性能を誇る「Kawasakiグリーン製品」※1に登録されています。
なおCO削減効果は、竪型CKミル導入による設備の電力消費量削減と、その導入に伴い既存キルン設備の排熱利用を可能にしたことで得られる燃料消費量削減により、年間約8,400tになります。

今回納入した竪型CKミルは、当社が設計および据付・運転技術指導を担当し、中国CONCHグループ※2との合弁会社である安徽海螺川崎節能設備製造有限公司(CKM)が製造したことで、高品質・高性能と導入コスト削減の両立を実現しました。

当社は、1985年にCKミルの初号機を納入して以来、日本のほか東アジア・東南アジア地域を中心に国内外で拡販を展開し、累計受注実績は今回で137基となります。
今後とも当社は、セメント製造設備に関する優れた技術力と豊富な実績、高い信頼性を活かして、積極的な製品の開発・販売を展開していきます。

  

※1  Kawasakiグリーン製品:
当社が独自に定めた環境基準を満たした製品に与えられる認定。環境への配慮が業界標準クラスを超えるか、当社前機種製品を超える製品が該当する。 
※2  CONCHグループ:
中国最大手で世界有数のセメントメーカーであるCONCHセメントを傘下に持ち、セメントや建材、貿易等の事業を展開している企業集団。 

 

  【CKミル仕様】

  ミル型式 CK280
  テーブル軌道径  2,800mm
  設備モータ 2,100kW
  粉砕能力 60t/h
  ローラ数 3個
  用途 スラグ乾燥粉砕

  

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る