ページ内移動用のメニューです。


当社初の産業用ロボット適用開発サポート、エンジニア育成拠点を開設

2017年06月16日

川崎重工は、シンガポールに当社初となる産業用ロボット適用開発サポート、エンジニア育成拠点「Singapore Kawasaki Robot Engineering Center(シンガポール カワサキロボット エンジニアリング センター、以下、SKRE)」を本日開設します。

  

 C3170616-1.jpg
SKREのトレーニングルーム

  

当社は、シンガポールに生産拠点のある大手半導体装置メーカーを中心に、累計13,000台以上の半導体ロボットを納入し、同国の産業発展に貢献しています。また2014年には、半導体ロボットのサービスセンター「Singapore Kawasaki Robot Center」を設置し、アフターサービス事業を強化しています。
今回のSKREは、これまでのシンガポールでの活動実績に加え、シンガポール経済開発庁(Singapore Economic Development Board)から、2015年に発売を開始した人協調共存型の双腕スカラロボット「duAro」およびその派遣事業の取り組みなどを高く評価され、ロボット普及政策の一環として支援を受けています。

 SKREは、シンガポールのシステムインテグレーターや中小企業をはじめとしたエンドユーザーを対象に、「duAro」を中心とした産業用ロボットの適用開発サポートや教育を行います。

シンガポールは、企業の99%が中小企業で、土地や予算の制約、ロボット専任エンジニアの不足など、ロボット導入での様々な問題を抱えています。当社は、作業スペースや設備予算に制約のある中小企業でも導入可能な「duAro」を中心にシステムインテグレーターを育成することで、シンガポールをアジア各国の販売・サポート拠点とします。また、更なるロボット導入促進のため、リース会社と協力し、リース・レンタルビジネスも検討してまいります。

 

(ご参考)

【Singapore Kawasaki Robot Engineering Centerの概要】

  住所 100G Pasir Panjang Road #6-10 Singapore 118523
  主要設備 duAroデモ用セル、duAro適用開発セル、duAro教育セルなど
  主な運営内容 シンガポール国内のシステムインテグレーター・エンドユーザー向けduAro、その他産業用ロボットの適用開発サポート、操作教育など

 

【双腕スカラロボットduAroの概要】

 

人の動作に必要な領域や両手の動き、それぞれの腕の独立した動きなどをそのまま再現できる新たな双腕構成のロボット。使い易さを徹底的に追求した結果、水平方向に動作するシンプルな動きの水平多関節ロボットを双腕にし、さらにダイレクトティーチ機能を搭載することで、教示が簡単で高い実用性を実現。ロボット本体とコントローラを台車一体のパッケージ構造にすることで、設置や移設が容易。
また、衝突検知機能や、人の近くでは低速で動作する安全機能を装備しており、作業者のすぐ横に設置しても安心して共存作業を させることができます。

 

 

 

 

C3150603-1.jpg 

 

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る