ページ内移動用のメニューです。


富士市向けごみ処理発電施設の建設および運営事業を受注

2017年02月15日

 C3170215-1.jpg (完成イメージ)

 

川崎重工は、富士市より「新環境クリーンセンター整備運営事業」を受注しました。本事業は、DBO方式にて発注され、ごみ処理発電施設の設計・建設と20年間の運営業務を行います。

今回受注したごみ処理施設は、1日あたり250t(125t/24h×2炉)の処理能力を有するもので、少ない空気量でごみを完全燃焼できる当社独自の並行流焼却炉に、ろ過式集じん器(バグフィルタ)、触媒脱硝装置や排ガス再循環システムなど、高度な排ガス処理システムを設置することにより、ダイオキシン類やCO(一酸化炭素)などの有害物質の排出抑制や排ガス量の低減を実現します。また、焼却炉に高温高圧ボイラと復水式蒸気タービンを組み合わせて高効率発電を行い、施設内の消費電力を賄うとともに、余剰電力を売電します。さらに、焼却廃熱から作った温水を余熱利用体験施設へ供給します。本施設は、環境との調和、地域との融合、富士山との融合を目指した「安全と安心を約束する資源循環パーク」を基本理念として整備運営を行います。

なお、本施設の建設事業は、当社と地元企業の株式会社石井組、株式会社井出組からなる共同企業体が、運営事業は、当社と株式会社シンキからなる共同企業体がそれぞれ担当します。

当社は、ストーカ式焼却炉をはじめ、各種廃棄物処理技術を有しており、今後とも、多様化する環境問題やニーズに応えるため、積極的な技術開発と販売活動に取り組んでいきます。

 

DBO方式
Design(設計)、Build(建設)、Operate(運営)の略。施設の設計から運営までを民間委託する方式。

 

■富士市新環境クリーンセンター整備運営事業の概要

【建設事業】

  発注者 富士市
  受注者 川重・石井・井出特定共同企業体
  建設場所 静岡県富士市大淵
  設備概要 ①ごみ焼却施設 ストーカ式焼却炉 250t/日(125t/24h × 2炉)
②リサイクル施設 2.72t/日(平均)
  完工予定日 平成32年9月30日
  契約金額 226億8,000万円(消費税込み)

【運営事業】

  発注者 富士市
  受注者 川重・シンキ特定共同企業体
  運営期間 平成32年10月1日~平成52年9月30日(20年間)
  契約金額 145億8,000万円(消費税込み)

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る