ページ内移動用のメニューです。


「ボーイング777X」向け新工場が完成

2017年02月13日

C3170213-1.jpg
名古屋第一工場 777X組立工場

 

川崎重工は、名古屋第一工場に最新鋭の大型旅客機「ボーイング777X」用胴体を製造するための新工場を建設し、本日竣工式を行いました。

新工場は、名古屋第一工場北工場の敷地内に2015年9月から建設を進めており、当社が製造を担当する前部胴体、中部胴体、主脚格納部、後部圧力隔壁、および貨物扉のうち、前部胴体および中部胴体のパネル組立を行います。2017年6月の製造開始に向けて、生産設備の設置作業を開始しており、本日より作業を本格化させていきます。

本工場では、自動で穿孔位置を認識して作業を行う自社製ロボットや、打鋲の対象範囲が拡大したオートリベッター(自動打鋲機)など、全社を挙げて開発した最先端の画像センシング技術や制御技術を駆使した新規開発設備を導入して自動化を推進するとともに、これまでに培ってきたKPS(カワサキ・プロダクション・システム)を融合させることで、高品質かつ効率的な生産を行います。さらに、将来のスマートファクトリー化に向けて、ICT/IoTなどのインフラ整備を行います。

当社は今後とも、高品質の製品を長期に安定して提供する生産技術の確立に努め、777Xプロジェクトに貢献するとともに、民間航空機事業の拡大・発展に取り組んでいきます。

 

□新工場の概要

  1.所在地:愛知県弥富市楠3丁目20番地3
  2.建物延床面積:約13,000m(全長202m、幅53m、高さ18m)
  3.主要設備:
    (1)  スキンスプライス・リベッター(パネル結合用自動打鋲機)
胴体外板(スキン)を継ぎ合わせて自動締結する装置で、打鋲姿勢に柔軟性を持たせることにより、従来と比べて複雑な部位の打鋲が可能。
    (2) フレームアッセンブリ・リベッター(フレーム結合用自動打鋲機)
胴体外板と補強部品(フレーム)を自動締結する装置で、狭小エリアでの正確な動きが可能となり、従来と比べて打鋲範囲が拡大。
    (3) ドリルロボット(大口径穿孔用ロボット)
胴体外板と補強部品をボルトなどで結合するための穴を自動で穿孔するロボットで、新規開発した画像センシング技術により、正確な位置への穿孔を実現。
    (4) タッキングロボット(フレーム仮結合用ロボット)
胴体外板と補強部品を自動で仮締結するロボットで、新規開発した制御技術により、狭小エリアでの正確な作業を実現。

 

  KPS(カワサキ・プロダクション・システム)
Just in Timeシステムをベースに当社の各生産ラインにおける適用を通じて開発・実証された当社独自の合理的な生産管理技法で、量産・個別生産を問わずあらゆる生産ラインに展開が可能なシステム。

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る