ページ内移動用のメニューです。


シリーズ最大の可搬質量となる高速パレタイズロボット「CP700L」を新発売

2016年10月20日

C3161020-1.jpg

川崎重工は、高速パレタイズロボット「CPシリーズ」に最大可搬質量700kgのロボット「CP700L」を新たに加え、2016年11月1日より発売を開始します。

今回発売する「CP700L」は、物流工程の箱物、袋物などを対象ワークとするパレタイズロボットです。従来の「CPシリーズ」各機種と主なアーム構成部品を共通化してアーム本体をコンパクトにすることで、本体質量を業界最軽量の1,750kgとしながら、最大可搬質量700kgを実現しています。また、制御部は、従来の「CPシリーズ」と同じ「小型・省エネコントローラ」に対応しています。パレタイズ作業における減速エネルギーを電力として再利用する電力回生機能を持つ「小型・省エネコントローラ」と組み合わせることによって省エネルギー・CO排出量削減に貢献します。

「CPシリーズ」は、2015年に販売を開始した業界最速クラスのパレタイズロボットです。これまで、可搬質量180kgの「CP180L」、同300kgの「CP300L」、同500kgの「CP500L」の3機種を揃えて、国内外の物流分野における高速化、高負荷対応の自動化ニーズにお応えしてきました。
グローバル化の進展に伴い、物流のさらなる効率化や高負荷対応ニーズが高まっていることから、可搬質量700kgの「CP700L」を新たにラインアップに加えて、顧客の様々なご要望にお応えしていきます。

 

1.特長

 

高い搬送能力
パレタイズ作業のスピードアップに最も重要な旋回軸の駆動機構を強化することにより、業界最速クラスの900サイクル/Hの搬送能力を有しています。これによりタクトタイムが短縮し、物流のスピードアップに貢献します。

 

広い動作範囲と軽量・コンパクトな本体
左右方向1,800mm、前後方向1,600mm、上下方向2,200mmの積み付け範囲に対応した広い動作範囲を有しています。軽量・コンパクトな本体を実現した従来の「CPシリーズ」各機種と部品の共通化を図ることで、本体質量を1,750kgと軽量化するほか、旋回軸の干渉領域を抑えコンパクトな設置を実現しています。

 

パレタイズ専用ソフト「K-SPARC」(オプション)
パソコン上でワーク、パレット、積み付けパターンを選択するだけで簡単に動作プログラムを生成することが可能です。また、レイアウト検討や動作シミュレーションも行うことができ、作業性の向上に貢献します。

 

2.主要諸元

 
 商品名  CP700L
 発売予定日  2016年11月1日
 国内販売価格※1  800万円
 アーム形式  垂直多関節
 動作自由度  4軸
 最大可搬質量  700kg
 位置繰り返し精度  ±0.5mm
 本体質量  1,750kg
 搬送能力※2
 (負荷質量)
 900サイクル/H
 (700kg)

 ※1 販売価格は、メーカー希望小売価格(オプションおよび消費税は含まず)
 ※2 動作パターン上昇400mm、水平2,000mm、下降400mmの往復移動の場合

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る