ページ内移動用のメニューです。


東北電力より石炭火力発電所向け灰処理設備を受注

2016年02月18日

川崎重工は、東北電力株式会社より能代火力発電所3号機向け灰処理設備を受注しました。当社は本設備の設計・製作、機器調達、据付工事を一貫して担当し、2020年6月の完工を予定しています。

今回受注した灰処理設備は、発電燃料として使用される石炭の燃焼灰をハンドリングするシステムで、能代火力発電所に増設される3号機(発電出力60万kW)に設置されます。
本設備は、電気集塵器で捕集されたフライアッシュ(排ガス中に含まれる飛灰)を処理する系統と、ボイラの底から排出されるクリンカアッシュ(炉底灰)を処理する系統で構成され、クリンカアッシュの処理には、イタリアのMagaldi(マガルディ)社から技術導入した乾式クリンカコンベヤを用いた乾式処理方式を採用しています。水でクリンカアッシュを冷却・輸送し、脱水後にトラック等で灰捨場に運搬する従来の湿式処理方式と異なり、クリンカアッシュを乾いた状態で空気で冷却しながら輸送することができるため、給水や排水処理、脱水、貯水などに必要な設備が不要になることから、低環境負荷や低コスト、省スペースを実現します。さらに、クリンカアッシュの顕熱※1や未燃炭素の反応熱、火炉からの輻射熱※2などの熱回収が可能で、ボイラ効率が向上し省エネルギーに貢献します。

当社は、乾式処理方式の灰処理設備の納入実績を有する国内唯一のメーカーで、2002年の初納入以来、今回の受注を含めて、国内で10基の受注実績があります。また、従来の湿式処理方式を含めると、能代火力発電所の既設1号機、2号機向けをはじめ、国内の事業用石炭火力発電所において60基の納入実績があり、約80%のシェアを占めています。今回の受注は、当社の高度な技術力や豊富な 実績が高く評価されたものです。

日本国内では火力発電所の新設・増設が多数計画されており、当社は今回受注した灰処理設備を はじめとする発電設備用機器の供給を通じて、今後もエネルギー・環境分野で積極的な展開を図っていきます。

 

  ※1 顕熱 物質の状態を変えずに、温度を変化させるために費やされる熱量。
  ※2 輻射熱 熱が電磁波の形で物体から物体へ直接伝えられる熱。

 

C2160218-1.jpg

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る