ページ内移動用のメニューです。


米国で当社初となる航空機用部品の製造ラインを新設

2015年12月24日

川崎重工は、米国の現地法人Kawasaki Motors Manufacturing Corp., U.S.A.(以下、KMM)のリンカーン工場(ネブラスカ州)において、ボーイング社の最新鋭民間旅客機であるボーイング777X用貨物扉の組立ラインを新設します。米国での航空機用部品製造は当社として初めてで、2017年3月までにリンカーン工場にある既設建屋内の約2,800mのエリアを整備し、同年5月より組立作業を開始します。

ボーイング777Xは、ベストセラー機として航空輸送市場をリードする大型双発旅客機ボーイング777シリーズの後継機で、2017年に製造を開始、初号機の引き渡しは2020年を予定しています。

当社は、ボーイング777Xの開発・製造において、前部胴体、中部胴体、主脚格納部、後部圧力隔壁および貨物扉を担当しています。今回、リンカーン工場に自動打鋲機(オートリベッター)や自社製塗装ロボットを導入することにより、製造の自動化や高速化、および品質の安定化を推進し、貨物扉の効率的な組立作業を行います。

リンカーン工場は、Kawasaki Motors Corp., U.S.A.の製造部門として、1974年にモーターサイクルの生産を開始し(1981年にKMMとして独立)、現在は四輪バギー車やパーソナルウォータークラフト「ジェットスキー※1」、鉄道車両などを生産しています。本工場では、当社が長年の量産品事業で培ってきた生産システム(KPS※2)を導入しており、航空機用部品の製造においても積極的に適用していきます。

世界の民間航空機市場では、今後も堅調な需要拡大が予想されています。当社は今回のボーイング777X用貨物扉の組立ライン新設を契機として、リンカーン工場を米国における航空機用部品の主要製造拠点と位置付け、民間航空機事業およびKMMの発展・拡大に向けて積極的に取り組んでいきます。

 

□Kawasaki Motors Manufacturing Corp., U.S.A. の概要

  ①設     立 1981年12月21日
  ②所 在 地 米国 ネブラスカ州 リンカーン市
  ③資 本 金 170,000千米ドル(川崎重工100%出資)
  ④事業内容 四輪バギー車、レクリエーショナル・ユーティリティ・ビークル、多用途四輪車、パーソナルウォータークラフト「ジェットスキー」、汎用ガソリンエンジン※3、鉄道車両の製造

 

※1   「ジェットスキー」は川崎重工の登録商標です。
※2   KPS(カワサキ・プロダクション・システム)Just In Timeシステムをベースに当社の各生産ラインにおける適用を通じて開発・実証された当社独自の合理的な生産管理技法で、量産・個別生産を問わずあらゆる生産ラインに展開が可能なシステムです。
※3   メアリービル工場(ミズーリ州)にて製造

 

C3151224-1.jpg   C3151224-2.jpg
ボーイング777の貨物扉   KMMリンカーン工場

  

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る