ページ内移動用のメニューです。


ボーイング777X向け新工場を建設

2015年09月24日

川崎重工は、航空機製品の生産・組立工場である名古屋第一工場において、本年7月ボーイング社と正式契約したボーイング777Xを製造するため、本日より工場建設に着手します。

新工場は、名古屋第一工場北工場の敷地内に建設するもので、延床面積は約13,000㎡、2016年12月末竣工の予定です。当社は、ボーイング777Xの製造において、前部胴体、中部胴体、主脚格納部、後部圧力隔壁および貨物扉を担当し、自社製ロボットによる先進的生産設備、高性能センサーを適用した検査装置など、全社を挙げて開発した新技術を積極的に導入して自動化を推進し、効率的な生産を行います。

現在、ボーイング777型ファミリーは世界各国で運航されており、各派生型を合わせた受注機数は合計で1,500機を超えています。当社は、名古屋第一工場において1992年よりボーイング777向け製品の生産を開始し、いまもなお高操業を続けています。

当社は、その後継機であるボーイング777Xプロジェクトへの参画により、安定した生産活動の継続、最新の生産技術の獲得、高品質な製品の提供、さらには民間航空機事業の発展・拡大に向けて積極的に取り組みます。

なお、新工場の概要は以下のとおりです。

 

 □新工場の概要

 

1.所在地:愛知県弥富市楠3丁目20-11

 

2.建物延床面積:約13,000㎡(全長200m、幅50m、高さ19m)

 

3.主要設備:

   

 (1)

新型スキン・スプライス・リベッター
胴体外板(スキン)を継ぎ合わせ(スプライス)締結(孔明け・リベット留め)する装置で、従来に比べ複雑な部位の加工が可能

   

 (2)

新型フレーム・シアタイ・リベッター
胴体部品(シアタイ)と補強部品(フレーム)を締結(孔明け・リベット留め)する装置で、従来に比べ加工可能範囲を拡大

   

 (3)

ロボットを使用した自動化設備
大口径ドリル、ロボット(大口径ドリルを保持し、胴体外板を自動穿孔するロボット)など

       

 

 □完成予想図

C3150924-1.jpg

 

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る