ページ内移動用のメニューです。


当社最大、可搬質量1tの超重可搬ロボット 「MG10HL」を新発売

2015年09月01日

 

C3150901-1.jpg

 MG10HL

  

川崎重工は、当社最大となる可搬質量1tの超重可搬・高剛性ロボット「MG10HL」を2015年12月2日より新発売します。

昨今、自動車や船舶、鉄道車両、航空機などの大型製品のほか、1tを超える重量の鋳造品・鍛造品ならびに資材・建材など、超重量物の搬送ニーズが高まっているため、当社はこれまでの最大機種であるMシリーズ(最大可搬質量700kg)に加えて、汎用用途に適用できる超重可搬ロボット「MG10HL」を新たに開発しました。

今回発売する「MG10HL」は、最大リーチ4,005mm、上下ストローク4,416mmの広い動作範囲を持ち、最大1t(オプションで1.5tまで対応可能)の重量物のハンドリングが可能です。第1軸から第3軸の各軸にモータを2個ずつ配置することで、従来機種とのモータ互換性を確保しつつ、高トルクおよび重可搬質量を実現しました。また、第2軸と第3軸の駆動機構にボールネジを採用することにより、カウンターウェイトを使用せずに重可搬質量を実現しているほか、従来にない剛性を生かし、耐高反力性が求められる用途への活用が期待できます。さらに、ロボット本体を軽量・コンパクトに仕上げることで設置レイアウトの自由度を高め、対象物の変更に柔軟に対応できる汎用性にも優れています。

なお、「MG10HL」は、2015年12月2日から5日にかけて東京ビッグサイトで開催される「2015国際ロボット展」に出展する予定です。

 

1.特長

 

重可搬
第1・2・3軸はそれぞれ2個の大型モータ(5kW)で駆動しています。また、JT2(腕前後軸)の平行リンクとJT3(腕上下軸)のシリアルリンクを組み合わせた当社独自の「ハイブリッドリンク機構」を用いて、1t可搬を実現しています。

 

高剛性
手先精度への影響が大きい第2・3軸には、剛性が高く、ガタつきの小さいボールネジを採用しています。これによりアームのたわみを低減し、高い位置決め精度を実現しています。

 

広い動作範囲
当社独自の「ハイブリッドリンク機構」と第2・3軸のボールネジを組み合わせることにより、アーム前方の実作業領域で広い動作範囲を確保しました。

     

2.主要諸元

 

商品名

MG10HL

発売予定日

2015年12月2日

アーム形式

垂直多関節

動作自由度

6軸

最大リーチ

4,005mm

最大可搬質量

1t(オプション1.5t)

 

超重可搬ロボット「MG10HL」のカタログPDFはこちら 

超重可搬ロボット「MG10HL」に関するお問い合わせはこちら

ロボット・ビジネスセンターホームページはこちら 

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る