ページ内移動用のメニューです。


山陽電気鉄道向け新型車両を受注

2015年05月19日

C3150519-1.jpg 

 

川崎重工は、山陽電気鉄道株式会社より新型車両「6000系」6両(3両×2編成)を受注しました。兵庫工場(神戸市)で製造し、2015年度に納入します。

今回供給する車両は、普通車運用から2編成を連結した直通特急運用まで幅広く対応できる車両です。『環境にやさしく、安全・快適な車内空間の提供』をコンセプトに、VVVFインバータ制御装置の採用や照明装置のLED化による省エネ化と、全閉外扇型誘導電動機やフラット防止機能付きブレーキシステムの採用による車内外の騒音レベルの低減を実現しました。また、車いす・ベビーカースペースを全車両へ設けるほか、すべての出入口に誘導鈴とドア開閉予告灯を配置し、多言語対応の液晶型案内表示器を1両に3か所設置するなど、サービス向上による快適な車内空間を提供します。

車両外観は、山陽電気鉄道のコーポレートカラーである赤色を基調とし、側面には朝日をイメージしたオレンジグラデーションをデザインしました。車両室内はガラス仕切板等を採用することで開放感のある空間とし、座席シートは外観と調和した赤色を用い、兵庫県花「のじぎく」をあしらっています。

当社は、1923年(大正12年)に山陽電気鉄道の前身会社である神戸姫路電気鉄道へ1形電車を納入以来、長きにわたり車両を供給してきました。今回供給する車両は、2000年に納入した5030系以来、15年ぶりの受注となります。

今後とも当社は、高い技術力と信頼性をもとに、環境負荷の少ない交通手段である鉄道車両を国内外に提供していきます。

 

□6000系電車の概要 

 

(1)車種

普通車ならびに特急車併用1編成3両×2編成

 
(2)寸法
18.9m(長さ)×2.75m(幅)×約4m(高さ)
 
(3)車体材質
アルミニウム合金製

 

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る