ページ内移動用のメニューです。


高槻市向けごみ処理施設建設工事を受注

2015年03月19日

川崎重工は、西松建設株式会社と共同で、大阪府高槻市より「高槻市ごみ処理施設建設工事」を受注しました。

今回受注したごみ処理施設は、ごみ焼却施設〔処理量150t/日(150t/24h×1炉)〕および破砕と選別を行う前処理施設(処理量24t/5h)で構成されています。
ごみ焼却施設では、少ない空気量で完全燃焼できる当社独自のストーカ式焼却炉を採用し、排ガス再循環システムによる排ガス量の低減や、ろ過式集じん器(バグフィルタ)、排ガス洗浄装置、触媒脱硝装置を組み合わせた高度な排ガス処理により、環境負荷を低減します。また、高温高圧ボイラと抽気復水式蒸気 タービンを組み合わせて高効率発電(発電効率18%以上)を行います。

淀川沿いの既存施設敷地内に建設される本施設は、高槻市が掲げる「安全で安心できるごみ処理施設」、「環境にやさしいごみ処理施設」、「財政負担の少ないごみ処理施設」に基づき計画されたもので、敷地全体の景観に配慮するとともに周辺環境との調和を図っています。

当社は、今回受注したストーカ式焼却炉をはじめ、各種廃棄物処理技術を有しており、多様化する環境問題やニーズに応えるため、積極的な技術開発と販売活動に取り組んでいきます。

 

■ごみ処理施設建設工事の概要

  発注者 高槻市
  受注者 川重西松特定建設工事共同企業体
  工事名 高槻市ごみ処理施設建設工事
  建設場所 高槻市前島3丁目8-1 高槻クリーンセンター地内
  設備概要 ①ごみ焼却施設 : ストーカ式焼却炉150t/日(150t/24h×1炉)
      ②前処理施設 : 高速回転式破砕機(24t/5h)
  完工予定日 平成31年3月15日
  契約金額 130億6,800万円(消費税込み)
       

                            

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る