ページ内移動用のメニューです。


名古屋第一工場にボーイング787増産対応向け新工場が完成

2015年03月13日

C3150313-1.jpg

名古屋第一工場(東工場外観)

 

川崎重工は、航空機製品の生産・組立工場である名古屋第一工場内に、ボーイング787を増産するための新工場(東工場)を建設し、本日竣工式を行いました。

今回完成した東工場は、名古屋第一工場南工場の東側隣接地に2013年12月から建設を進めていたもので、主にボーイング「787-9型」および「787-10型」の前部胴体を生産する工場となります。当社は、ボーイング787プログラムにおいて前部胴体、主脚格納部、主翼固定後縁の開発・製造を担当しており、2006年7月に北工場、2010年3月に南工場を竣工して「787-8型」および「787-9型」の生産を進めています。東工場では、現行機種のさらなる増産および「787-10型」の生産開始に向けて、既設工場と同様に各種の最新鋭設備を導入し、複合材部品の加工から前部胴体の組立てまでの一貫生産を行います。

ボーイング787の生産では、当社が担当する胴体構造部位において、世界初の全複合材製の一体成形胴体を採用するなど、革新的な生産技術を多数導入しています。当社は、2007年度初めに「787-8型」の前部胴体を初出荷し、その後も順調に生産を継続しています。

当社はボーイング787の生産能力を増強するとともに、高品質の製品提供を通じて本プロジェクトに貢献し、さらには民間航空機事業の拡大を目指していきます。



  東工場の概要
    1. 所在地:愛知県弥富市楠3丁目20-8
   
2.
建物延床面積:約60,000m(全長250m、幅194m、高さ21m)
   
3.
主要設備:
(1)世界最大級(直径9m)の複合材硬化用オートクレーブ
(2)胴体を一体成形(積層)するプリプレグ自動積層機
(3)胴体を一体加工(孔明け・ファスナー取付)するパネルリベッター
(4)胴体を一体加工(孔明け・トリム)するトリム・ドリル装置
(5)大型NDI(超音波非破壊試験装置)

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る