ページ内移動用のメニューです。


エアバス社「A320neo」に搭載される民間航空エンジン「PW1100G-JM」の型式承認を取得

2014年12月22日

 

川崎重工は、プラット・アンド・ホイットニー社(アメリカ)、(一財)日本航空機エンジン協会(以下JAEC)、MTU社(ドイツ)の3社によるエアバス社「A320neo」用エンジン「PW1100G-JM」の国際共同事業において、JAEC構成メンバーとして参画し開発を行っていますが、 2014年12月19日、米国連邦航空局(FAA)から「PW1100G-JM」エンジンの型式承認が交付され、民間航空エンジンとしての運用が正式に認められました。

 「PW1100G-JM」エンジンは、プラット・アンド・ホイットニー社、JAECおよびMTU社が設立した合弁会社International Aero Engines(IAE)が主体となり、2011年から開発が進められています。本エンジンは、先進ギアシステムの採用により、低圧圧縮機および低圧タービンとは異なる低い速度でファンを駆動させることが可能で、先進複合材技術や最新の要素技術により燃費・排気ガス・騒音レベルの改善をもたらすギアード・ターボファンエンジンです。

当社は、今回の開発・生産プログラムにおいて国内シェア25%(全体の約6%)で参画し、低圧圧縮機部の主要部品の開発から生産および整備を行います。本エンジンには、当社独自の先進加工技術が担当部位に適用され、エンジンの軽量化、燃費改善に大きく貢献しています。

「PW1100G-JM」が搭載される「A320neo」は、民間旅客機で最大の需要がある120~200席クラスの最新型機で、すでに約3,800機の確定発注がなされております。そのうちエンジンが選定された機体の約半分(約1,100機)に「PW1100G-JM」が選ばれています。

今後とも当社は、エンジン開発技術力の高度化、生産基盤の強化を進めるとともに、JAECを事業主体とする航空機用エンジンの共同開発・生産プログラムに積極的に参画するなど、航空機用エンジン事業の発展に注力していきます。

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る