ページ内移動用のメニューです。


  • 川崎重工 ホーム
  • ニュース
  • トルクメニスタンで最新ガス液化技術による世界最大のガス・ツー・ガソリン(GTG)製造設備を受注

トルクメニスタンで最新ガス液化技術による世界最大のガス・ツー・ガソリン(GTG)製造設備を受注

2014年08月27日

 

川崎重工は、トルクメニスタンの国営公社であるトルクメンガス(社名:State Concern “Turkmengas”、本社:アシカバード市)から、天然ガスを原料とし最新のガス液化技術により高品質ガソリンを製造する世界最大のガス・ツー・ガソリン(GTG)製造設備を、トルコの建設会社であるルネッサンス社(本社:アンカラ市)とのコンソーシアムで受注しました。当社はコンソーシアムのリーダーとしてプロジェクト全体のとりまとめと製造設備全体のエンジニアリングおよび機器の供給を担当し、ルネッサンス社は土木工事と製造設備の組み立てを行います。受注金額は約1,500億円で、本製造設備は2018年の稼動開始を予定しています。なお、本案件受注に際しては双日株式会社の協力を得ています。

今回受注した設備は、デンマークを拠点とし世界中に化学プロセス技術・触媒を提供しているトプソー社の最新技術を採用し、天然ガスを原料として年間60万トンの高品質ガソリンを製造するもので、トルクメニスタンの首都アシカバード市北部に位置するオバダンデペ地区に建設されます。
ガス液化技術は、すでに天然ガス産出国などで一部実用化されていますが、今回採用する最新技術は天然ガスからガソリンを効率良く製造するため、ガソリン精製工程を簡素化することが可能です。また、天然ガスを原料とすることで、従来の原油を原料とする設備とは異なり、温室効果ガスの排出を抑制しながら高品質ガソリンを製造できるため、天然ガス、シェールガス資源を保有する国においてさらに注目される技術です。

中央アジアのトルクメニスタンをはじめとする天然資源国は、GDP成長率が高い伸びを示すなど高成長を続けており、今後の持続的発展および天然ガスの有効利用策として、GTG製造設備に期待を寄せています。トルクメニスタンでは、今回と同規模の設備増設が計画されるなど、引き続き堅調な需要が見込まれます。

当社は、天然ガス関連ビジネスにおいて海外で培ってきた豊富なノウハウを生かし、今回受注したGTG製造設備やLNG貯蔵設備およびその周辺分野で、世界的に積極的な活動を展開していきます。

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る