ページ内移動用のメニューです。


  • 川崎重工 ホーム
  • ニュース
  • 第1回「Kawasaki グリーン製品」に10製品を選定 ISO14021に準拠した環境ラベルを導入

第1回「Kawasaki グリーン製品」に10製品を選定 ISO14021に準拠した環境ラベルを導入

2014年06月02日

川崎重工グループは、環境配慮に特に優れた自社製品を「Kawasaki グリーン製品」として審査し、外部公表する制度を開始します。第1回の認定製品は、業界トップクラスの「Kawasakiスーパーグリーン製品」9製品を含む10製品です。対象製品には、国際標準化機構(ISO)が定める国際規格ISO14021に準拠した環境ラベルを表示します。 

「Kawasaki グリーン製品」は、当社製品の中でも、特に様々な角度から総合的に環境配慮がなされているものに限定して審査します。地球環境で重視される「低炭素社会」、「循環型社会」、「自然共生社会」の3つの分野それぞれについて、製品の「環境性能」と「生産過程での環境管理活動」の2つの面で当社が定めた全ての基準を満たすことが条件です。製品の環境配慮レベルによって2段階に分けられ、環境への配慮が業界標準または当社従来製品を超えたものを「Kawasaki グリーン製品」、さらに、その中でも業界トップクラスの要素を含む製品を「Kawasakiスーパーグリーン製品」とそれぞれ定義しています。
ISO14021では、環境ラベルに示された製品の環境情報に関して、曖昧な表現の排除や検証に必要な情報の開示など18項目を満たすことが求められており、「Kawasakiグリーン製品」の選定に客観性を付加しています。
今後も定期的に審査を実施し、年1回を目途に公表する予定です。

川崎重工グループは、グループミッション「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献する“GlobalKawasaki”」のもと、広汎な領域における高度な総合技術力によって、地球環境との調和を図りながら豊かで美しい未来社会の形成に向けて新たな価値を創造することを目指しています。当社は、このグループミッションの実現に向けた重要な取り組みの一つとして、本制度を実施します。本制度の推進を通じて、環境を主軸とした製品の競争力強化を図るとともに社会貢献に努めてまいります。

 

□ マークの制定について

本活動の促進を表す「シンボルマーク」と審査を通過した製品のみに使用する「環境ラベル」の2種類を制定しました。活動のシンボルマークには、製品や生産工程に込めた環境配慮への思いを凝集しました。このマークは、川崎重工グループが「陸・海・空の輸送システム」、「エネルギー環境」、「産業機器」の主な事業分野で、革新的・先進的な技術力によってそれぞれが確固とした1本の柱となり、これら3本柱が融合することで、地球環境を支えていこうという決意を表現しています。環境ラベルには、ISO14021に準拠して各製品のポイントを併記するデザインを採用しました。これらのマークは、今後、製品やカタログ等で使用します。

 

①   シンボルマーク

  C3140602-1.jpg

②   環境ラベルの例

   
  C3140602-2.jpg
   
  C3140602-3.jpg

 

 

<第1回 Kawasakiグリーン製品>

 

 製品名

 区分

 環境主張

 地上蓄電設備(BPS)
 《車両カンパニー》
 スーパー
 
省エネ効果が高く、高周波発生のない新型高性能電池
ギガセル®を利用した地上蓄電設備(BPS)は、高い省エネ
効果で、CO削減に寄与します。また、鉄道信号保安システム等に誘導障害を与える高周波が発生しません。 
 
 川崎式BK117C-2型ヘリコプタ
 《航空宇宙カンパニー》
 スーパー
 
世界で最も静かなヘリコプタ
航空法の機外騒音基準値から6.7EPNdBのマージン(約50%低減)を達成し、同クラスのヘリコプタの中で世界トップクラスの低い機外騒音値を実現しました。
 
 M1A-17D ガスタービン
 《ガスタービンビジネスセンター》
 スーパー
 
総合技術で、クラス最高効率、NOx低減を実現
前モデルに比べて発電効率が2.4%向上し、クラス最高効率を実現するとともに、業界トップクラスのNOx排出量35ppm(O=0%)を達成しました。
 
 グリーンガスエンジン
 《機械ビジネスセンター》
 スーパー
 
クラス世界最高の発電効率
燃焼最適化に加えて可変ノズル型過給機、新型潤滑油の採用により、クラス世界最高の発電効率49.5%を達成しています。
 
 MAGターボ
 《機械ビジネスセンター》
 スーパー
 
磁気軸受の採用により業界最高レベルの高効率、低環境負荷を実現
磁気軸受式高速電動機の採用により、総合効率は各風量域で下水道設備用の従来機種を上回ります。加えて、潤滑油も不要で、環境負荷も低減されます。
 
 水冷媒ターボ冷凍機
 《機械ビジネスセンター》
 スーパー
 
画期的ノンフロン化の達成と高効率化で温室効果ガス削減
冷媒に水を使用したノンフロン冷凍機です。既存冷凍機並みの効率を達成するとともに、既存冷凍機との置き換えが可能なサイズにまでコンパクト化しています。
 
 CKKシステム
 《プラント・環境カンパニー》
 スーパー
 
廃棄物の有効利用でエネルギーと資源を節減
既設セメント製造設備にごみ焼却機能を追加。ごみ焼却設備の単独設置に比べ必要機器点数が70%低減でき、ごみが保有する熱エネルギーや焼却灰の有効利用によりCOも削減します。
 
 Ninja ZX-6R
 《モーターサイクル&エンジンカンパニー》
 
 
モデルチェンジでCOを削減・リサイクル可能率も向上
2009年モデルから排気量を37cmアップし、出力を引き上げつつも燃費を3%改善しました。リサイクル可能率向上などの環境性能にも配慮しています。
 
 ショベル用油圧ポンプ (K7V)
 《精密機械カンパニー》
 スーパー
 
高効率化、低騒音化を追求し、世界トップクラスの環境性能を実現
市場で好評を得ている前モデルK3Vシリーズから、さらにポンプ効率を1.5ポイント向上、騒音レベルを3dB(A)低減し、いずれも世界トップクラスの環境性能を実現しています。
 
 
 スポット溶接ロボット
 BX200L SE22
 《ロボットビジネスセンター》
 スーパー
 
業界トップクラスの軽量、スリム、コンパクトで高密度設置を実現
業界同クラスでは、設置面積が最小、総重量は最軽量を実現しています。さらに配線、配管材を手首の中に内蔵できることから、ロボットの干渉領域が小さくなり、ロボットを従来にも増して高密度配置できます。
 
 

 

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る