ページ内移動用のメニューです。


インドネシアの現地法人で二輪車生産工場(第二工場)の稼働を開始

2014年04月08日

C3140408-1.jpg

 

川崎重工は、インドネシアにおける現地法人 PT.Kawasaki Motor Indonesia (KMI:カワサキ モーター インドネシア)において、本日、二輪車生産工場(第二工場)の開所式を行い、稼働を開始しました。

第二工場は、ジャカルタ市郊外のブカシ県に位置し、敷地面積は150,000㎡で、年間15万台の生産能力を有しています。当初は、スポーツモデル「Ninja 250SL」と「KLX 150」の2機種を生産し、今後は順次生産機種を拡大する予定です。
世界第三位の二輪車市場であるインドネシアは、近年の経済発展により二輪車をレジャーとして楽しむ顧客層が増加しています。KMIは、1995年からジャカルタ市内の第一工場での現地生産および完成車輸入による二輪車の販売を行っていますが、今回の新工場建設により生産能力を拡大し、インドネシア市場における需要増加に対応することで、2014年には年間20万台の販売を見込んでいます。

今後も当社は、お客様の期待に応える商品とサービスの提供に努め、カワサキのブランド力の強化とさらなる顧客満足度の向上を図っていきます。

 

□ PT.Kawasaki Motor Indonesia (KMI)の概要

 

1. 所 在 地

インドネシア共和国 ジャカルタ市

  2. 代 表 者 谷川 佳裕(タニガワ ヨシヒロ)
  3. 資 本 金 4千万USドル(川崎重工83%出資)
  4. 事業内容 二輪車の輸入・生産・販売およびアフターサービス全般
  5. 生産能力 約25万台/年(第一工場10万台、第二工場15万台)
  6. 従業員数 1,110名(2013年12月末現在)
       

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る