ページ内移動用のメニューです。


国産初、ノルウェー船級協会より舶用ガスエンジンの型式承認を取得

2014年04月07日

C3140407-1.jpg

舶用ガスエンジン「L30KG」

 

川崎重工は、ガス専焼で大型船舶の主機(出力2MW以上)となる舶用ガスエンジン「L30KG」を開発し、ノルウェー船級協会より国産のガスエンジンで初めてエンジン本体の型式承認を得て、営業活動を開始しました。また、引き続きエンジン本体と同様に制御システムも年内に型式承認を取得します。

当社は、舶用ガスエンジンの開発に先駆けて、世界最高の発電効率49.5%と窒素酸化物(NOx)排出量200ppm以下(O=0%換算)という高い経済性・環境性を有する発電用ガスエンジンを自社開発し、既に市場に投入しています。舶用ガスエンジン「L30KG」は、この技術をベースに、舶用ならではの負荷変動への対応技術や、エンジンの出力でプロペラを直接駆動させる直結推進方式と、発電した電力でプロペラを駆動させる間接推進(電気推進)方式の両方への適用技術の開発を進め、神戸工場内に設置した約2.7MW(6シリンダ)の実証機で試験運転を行ってきました。 

船舶から排出される二酸化炭素(CO)などの温室効果ガスや窒素酸化物(NOx)、硫黄酸化物(SOx)は、国際海事機関(IMO)により段階的に排出規制が強化されます。ディーゼル機関からのNOx排出量は、早ければ2016年から排出量3次規制が実施され、特定規制海域において1次規制比で80%以上の削減が義務づけられます。ガスエンジンは、NOx排出量規制の対象外ですが、脱硝装置などの特別な装置を用いることなく3次規制値を大幅に下回ることが可能です。また、ディーゼル機関と比較し、COとSOxの排出量も大きく低減できる優れた環境性能を有しており、各種環境規制に 適合した船舶の建造に貢献することができます。

当社は、船舶分野における地球環境の保全に対する需要に応えるため、今後とも様々な技術開発に積極的に取り組んでいきます。

 

 

「L30KG」主要目
 

 ガスエンジン型式

L30KG

 シリンダ数

 シリンダ径[mm]

300

 ストローク[mm]

480

 定格回転数[rpm]

750

 定格出力[kW]

2,225

2,670

3,115

3,560

4,005

 

 

  □お問合せ
   

ガスタービン・機械カンパニー
機械ビジネスセンター 舶用機械営業部
TEL 03-3435-2279
e-mail: marine-machinery-sales@khi.co.jp

   

 

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る