ページ内移動用のメニューです。


医薬・医療向けロボット「MC004N」と「MS005N」の2機種を新発売

2013年10月28日

 

 

 

C3131028-1.jpg

「MC004N」

 

C3131028-2.jpg

「MS005N」

 

川崎重工は、医薬・医療向けロボット「MC004N」と「MS005N」の2機種を、2013年11月1日より新発売します。

医薬・医療現場では、人が介在することによる作業ミスや微生物が混入するリスク、また抗ガン剤等の高薬理活性医薬品の取扱いによる曝露(※1)リスクを排除するために、ロボットによる作業自動化への要求が高まっています。「MC004N」と「MS005N」は、これらの期待に応えるために開発された新しいロボットです。

今回発売する医薬・医療向けロボットは、アーム本体に凹凸が少なく滑らかな表面と高い防水性能を兼ね備えており、洗浄し易い形状と薬液耐性の高い表面処理によって、クリーニング作業が容易となり汚染を防止することが可能です。ISO規格でクラス5(※2)の清浄度を実現しているため、医薬・医療業界の生産ラインで必要とされる衛生面において優れたロボットになっています。

ツール用ケーブルをロボット先端フランジまで内蔵することが可能な構造となっており、他の周辺装置 との干渉領域を最小限にすることができるため、狭い空間や周辺装置に載せて設置することも可能です。

「MC004N」は、垂直多関節6軸ロボットで、アーム重量がわずか25kgと軽量です。「MS005N」は、垂直多関節7軸ロボットで、アームはオールステンレス構造となっているため耐性に優れています。

 

□ 「MC004N」と「MS005N」の主な特長

 1)~4)は「MC004N」と「MS005N」共通の特長、5)は「MC004N」のみの特長、6)と7)は「MS005N」のみの特長です。

  1)   人との親和性のあるデザイン
人の腕のようなしなやかさをイメージし、表面の凹凸が少ない滑らかなデザインを採用しています。
  2)   高いサニタリー性
狭隘部を無くし凹凸の少ない滑らかなデザイン、耐薬液性の高い表面コーティング、高い防水性能による高い洗浄性を実現します。
  3)   ツール用ケーブルを内蔵
ロボット先端フランジまでケーブルをアームに内蔵する中空構造をとっているため、従来アームの外に沿わせていたケーブルと周辺機器との干渉が解消されます(※3)
  4)   クリーン環境適合
バキューム配管無しで、ISO規格のクラス5(米国FEDクラス100)(※2)の清浄度を実現します。
  5)   コンパクトなボディ
「MC004N」は、全高が低くコンパクトなボディに仕上げ、可搬質量4kgを確保しながらも本体質量を25kgと軽量化しています。
  6)   オールステンレス構造
「MS005N」は、VHP(HOガス)による滅菌や、アルカリ洗浄液に対して恒久的な耐性を有します。また、ガスケット・シール類もFDA(米国食品医薬品局)適合のものを使用しています。
  7)   フレキシブルな動作
「MS005N」は、7軸構造で、7つの自由度を有することにより、狭い空間でも周辺機器との干渉回避が容易です。

 

□ 「MC004N」と「MS005N」の仕様

商品名

MC004N

MS005N

発売日

2013年11月1日

 国内販売価格※4

380万円

1,500万円

年間販売予定台数

200台

50台

アーム形式

垂直多関節

動作自由度

6軸

7軸

最大リーチ

506mm

660mm

最大可搬質量

4kg

5kg

 

 

 

 

 

 

 

   

  

 

 

 

 

 

 

※1   曝露 : 医療従事者が細菌、ウイルス、有害薬品にさらされること
※2    ISOクラス5 : 国際標準化機構(ISO)が定める1m³中の粒子数に基づく清浄度の指標
米国FEDクラス100 : 米国連邦規格による1立方フィート中の粒子数に基づく清浄度の指標
※3   内蔵可能なケーブルの仕様については別途定める
※4    販売価格はメーカー希望小売価格(オプションおよび消費税は含まず)
     

 

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る