ページ内移動用のメニューです。


ロングアイランド鉄道・メトロノース鉄道向け通勤電車を受注

2013年09月19日

C3130919-1.jpg

LIRR向け通勤電車(イメージ)

 

川崎重工は、当社の米国現地法人Kawasaki Rail Car, Inc.(KRC:ニューヨーク州ヨンカース市)を通じて、ニューヨーク州交通局(MTA:Metropolitan Transportation Authority)傘下のロングアイランド鉄道(LIRR:Long Island Rail Road)とメトロノース鉄道(MNR:Metro-North Railroad)が共同で調達する通勤電車92両を受注しました。

今回受注した車両は、構体製作および機器取付けをリンカーン工場(ネブラスカ州)で、最終組立および機能試験をヨンカース工場(ニューヨーク州)で行い、2017年から2018年にかけて順次納入する予定です。

今回の契約には、最大584両までのオプションが付随しており、オプションが全て行使された場合は、総数676両、受注総額は最大約18.3億米ドル(約1,830億円)と、当社における過去最大規模の鉄道車両契約となり、2022年まで生産が継続することになります。

この通勤電車は、ロングアイランド鉄道がニューヨーク市マンハッタンのグランドセントラル駅に乗り入れるイーストサイドアクセスの開業(2019年開業)に合わせた新車投入計画と老朽化した既存車の更新、ならびに最新技術の採用による旅客サービス向上のために導入されるもので、ロングアイランド鉄道ではニューヨーク市マンハッタンとロングアイランド島を結ぶ路線、メトロノース鉄道ではニューヨーク市マンハッタンとニューヨーク州北西方面の郊外を結ぶ路線で営業運転されます。

当社は、米国内でニューヨーク市交通局をはじめとする主要交通局より累計4,000両を超える受注実績を有しています。今回の受注は、当社の北米での納入実績、契約履行能力、技術力、車両の信頼性、現地化比率およびアフターサービスが総合的に高く評価されたものです。

現在、リンカーン工場ではメトロノース鉄道向け通勤電車、ニューヨーク市交通局向け地下鉄電車およびワシントン首都圏交通局向け地下鉄電車を生産中で、これらに加えた今回の契約は当社の米国における鉄道車両事業を大きく飛躍させるものとなります。

米国では、オバマ大統領のもと景気対策の一環として交通インフラを含む社会資本への投資が積極的に検討されており、北東回廊の都市交通やアムトラックをはじめとする都市間交通の既存車両置き換えや輸送力増強のためのプロジェクトが実施されることが予想されています。

今後とも当社は、高い技術力と信頼性をもとに、環境負荷の少ない交通手段である鉄道車両を国内外に提供していきます。

 

□受注した車両の概要

 
(1)車種
通勤電車(2両/編成、最大14両まで連結可能)
 
(2)寸法
26m(長さ)×3.2m(幅)×4m(高さ)
 
(3)車体素材
ステンレス鋼
 
 
 
 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る