ページ内移動用のメニューです。


インドネシア向け蒸気タービン発電設備を受注

2013年03月25日

川崎重工は、韓国の現代エンジニアリング社(Hyundai Engineering Corporation Co., Ltd.)から、蒸気タービン発電設備1基を受注しました。納入先はインドネシア・バタム島の発電事業者であるミトラ・エナジー・バタム社(P.T. Mitra Energi Batam)で、2014年2月に引き渡す予定です。

インドネシアでは石油・ガス・石炭などの資源増産ならびにそれに基づいた経済発展が続いており、電力・エネルギーの需要も増加しています。
今回受注した発電設備は、ミトラ・エナジー・バタム社が進めているバタム島内の火力発電所にある既設ガスタービンの排熱を利用して蒸気を発生させ、電力として回収するコンバインドサイクル (複合発電)化プロジェクト向けに納入するもので、2014年9月の運転開始を目指しています。当該蒸気タービン発電設備の発電容量は22.9MWで、発電した電力はバタム島内に供給されます。

当社は1956年から産業用蒸気タービンの製作を開始し、現在までに350基を超える蒸気タービン設備を納入しており、インドネシアを含む東南アジア地域向けとしては49基を納入しています。今回の受注は、これらの実績に加えて、当社製蒸気タービンの優れた性能やライフサイクルコスト、アフターサービスなどが総合的に評価されたものです。

当社は今後とも、電力・エネルギー需要が旺盛な東南アジアをはじめ全世界で発電用蒸気タービンの拡販に取り組み、エネルギー・環境ビジネスを積極的に展開していきます。

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る