ページ内移動用のメニューです。


  • 川崎重工 ホーム
  • ニュース
  • 石炭専用運搬船"CORONA QUEEN"において可変タービンノズル型過給機の長期実船運用試験を開始

石炭専用運搬船"CORONA QUEEN"において可変タービンノズル型過給機の長期実船運用試験を開始

2012年03月08日

川崎汽船株式会社と川崎重工業株式会社は、85,400トン型石炭専用運搬船(2012年3月8日就航)で、川崎-MAN-B&W5S60MC-C7型主機関に二酸化炭素(CO)削減効果のある「可変タービンノズル(Variable Turbine Area)型過給機」を搭載し、長期実船運用試験を開始します。

地球環境保全活動の高まりを受けて、国際航海に従事する船舶は、国際海事機関(IMO)により2013年から段階的にCO排出量を低減することが求められています。このため、新技術や新運航方法が活発に開発されていますが、今回の「可変タービンノズル型過給機」は、主機関の燃焼効率を高めることによりCOの排出量を削減する新技術です。

従来の固定タービンノズル型過給機は、高負荷において高効率燃焼を実現するよう過給機内のタービンの静翼が固定されているため、低い船速すなわち低負荷では過給機から主機関に送られる空気の圧力が相対的に低く、その結果主機関の燃焼効率が低下する傾向にあります。「可変タービンノズル型過給機」は、過給機内のタービン静翼の角度を自由に変えることにより幅広い負荷域で最適な空気圧力を主機関に供給できるため、高効率な燃焼を実現することが可能となります。
主機関の陸上試験運転では、「可変タービンノズル型過給機」の採用により常用負荷を含む部分負荷全域で1~2%以上のCO排出量および燃料消費量の低減を確認しました。今後は長期の実運航において性能評価および耐久性の確認を行います。

川崎汽船株式会社と川崎重工業株式会社は、地球環境の保全と更なる改善に貢献するために、様々な技術開発に積極的に取り組んでいきます。

 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る