ページ内移動用のメニューです。


西神戸工場の新工場棟で建設機械用油圧ポンプの本格生産開始

2011年06月06日

C3110606-1.jpg

 

川崎重工は、油圧機器の生産拠点である西神戸工場(神戸市西区)の新工場棟において、建設機械用油圧ポンプの本格生産を開始しました。

新工場棟は、世界的な建設機械用油圧機器の需要増を受けて建設を進めていたもので、2008年12月に工場建屋が完成しましたが、リーマンショックによる景気後退を受け、本格稼動を見合わせておりました。しかし、昨年来の急増する中国での需要に応えるため、新たに加工機械や組立設備などの生産設備を順次導入し、油圧ポンプの増産体制を整備しました。

新工場棟の総投資額は80億円で、当社は同工場棟に、油圧ポンプの部品加工、組立、運転、塗装の設備を新たに導入するとともに、既存の工場棟で生産している油圧ポンプの生産ラインの一部も移設しました。これにより、西神戸工場の油圧ポンプの生産能力は年産110,000台から130,000台へと約20%増強されます。

建設機械市場は、中国のインフラ投資、都市整備、資源開発などに伴う急激な需要増加に加え、南米など資源国でも資源価格の高騰を受けて需要が増えており、世界的に拡大基調にあります。

当社は増産によってその需要増加に応えるともに、グローバル化の進展が著しい油圧市場において、高品質・高性能な製品を開発・提供し、アフターサービスの充実に努め総合的な顧客満足度の向上を図っていきます。

 

□新工場棟の概要

(1)所 在 地:兵庫県神戸市西区櫨谷町松本234番地
(2)生産品目:油圧ポンプ
(3)生産能力:48,000台/年
(4)延床面積:約10,000㎡(2階建て)
(5)従業員数:120人(2011年5月現在)
 

前のページへ戻る


ページの終わりですページの先頭へ戻る