ページ内移動用のメニューです。


グリーンバイナリータービン

バイナリー発電とは、沸点の低い媒体を利用することで低温熱源からエネルギーを取り出し、タービン発電機を稼動させることで、電力を生み出す省エネルギーシステムです。これまで未利用であった排温水(80℃~120℃)や排ガスを有効利用して電力を得て、CO2排出削減に貢献することが可能です。
当社が新たに製造・販売するグリーンバイナリタービンは、同様のシステムであるフロンタービン発電設備で培った技術を活用しており、新たな低沸点媒体(特許申請中)の採用により優れた環境性能、高い経済性を実現します。


ページの終わりですページの先頭へ戻る