ページ内移動用のメニューです。


舶用推進システム

川崎重工はニーズに応じた舶用機器をご提案します。

舶用機械の歴史は古く、1907年(明治40年)の舶用蒸気タービンの製造着手に始まり、以来、商船用・艦艇用の主機や補機を多数供給してきました。環境・省エネに配慮した製品の開発も行いつつ、これからも舶用製品の供給を通じて海運の発展に貢献してまいります。


ページの終わりですページの先頭へ戻る