ページ内移動用のメニューです。


沿革

機械ビジネスセンターは、自社建造船舶用主機関を中心にした機械一式を製造する造機部門として発足し、当社百年の歩みとともに舶用推進機械から大型発電設備にいたるまで、陸・舶両分野にわたり幅広い事業を展開しています。

1907年 (米)カーチス社、(英)ジョン ブラウン社からの技術導入により、舶用蒸気タービン主機を生産開始。
1911年 (独)MAN社とディーゼル機関の製造に関する技術提携。
1921年 潜水艦用主機として、(伊)FIAT型ディーゼル機関を生産開始。
1956年 (独)エッシャ ウイス社からの技術導入により、可変ピッチプロペラを生産開始。
1958年 大型遷音速風洞を開発。この後、超音速、極超音速風洞、自動車用風洞を開発。
1964年 高性能・高効率の舶用蒸気タービン主機プラント「Uプラント」を開発。
1965年 GMブロワ1号機を納入。
1967年 サイドスラスタ1号機を納入。
1969年 (米)クーパー ベッセマー社との技術提携による高圧多段遠心圧縮機を生産開始。
1972年

原動機事業部発足。

官庁向け曝気ブロワ1号機を納入。

1976年 日本初のLNG船用主機タービンを納入。
1979年

軸流式炉頂圧タービンの1号機を完成。

(英)ロールス ロイス社との技術提携による艦艇用ガスタービン主機1号機を完成。

1980年 洋上プラットフォーム用天然ガス圧送モジュール1号機を完成。
1982年 世界最大のプロペラ直径11mの可変ピッチプロペラを製作。
1983年

B&W型舶用ディ-ゼル機関の1号機を完成。

超大型プラノミラーを設置。

旋回式スラスタ「レックスペラ」の1号機を完成。

1986年 (スイス)BBC社と発電用大型ガスタ-ビンの製造に関し技術提携。
1987年

阪神内燃機(株)に技術供与し、S26MC舶用ディ-ゼル機関初号機を完成。

(米)ロックウエル インターナショナル社からウォータージェット推進機の製造権を取得、生産を開始。

1990年

航空転用型発電用ガスタ-ビンの1号機を大阪石油化学(株)社殿に納入。

75MW蒸気タ-ビン(650mm翼)を川崎製鉄(株)水島製鉄所殿に納入。

(スイス)マーグ社製超精密大型歯車研削盤を設置。

川崎MAN-B&W型ディーゼル機関製造累計200万馬力到達。

1992年 (株)川重ガスタ-ビン研究所を設立。
1993年 MAN-B&W型舶用ディ-ゼル機関10L80MC Mk5(46,700PS)を完成。
1995年

(中国)武漢船用機械廠と合弁会社(武漢川崎船用機械有限公司)を設立。

超音波式エアフィルター洗浄装置を開発。

1996年 サイドスラスタ受注累計1,000台(100万馬力)を突破。
1997年 世界初の高炉ガス専焼複合火力発電設備を(中国)上海宝山製鉄公司殿に納入。
1998年

小型地熱発電タービン(2000KW)を九重観光ホテル殿に納入。

BFG専焼コジェネ発電設備(90MW)を川崎製鉄/水島製鉄所殿より受注。

1999年

原動機事業部から機械事業部へ事業部名を変更。

神戸市殿港島トンネル換気設備を完工。

2000年 ジェットエンジン事業部、精機事業部と共にガスタービン・機械事業本部発足。
2001年

カンパニー制導入に伴い機械事業部を機械ビジネスセンターと改称。

海洋科学技術センターへ地球深部探査船ちきゅう用大型推進装置を納入。

2002年

システム操船装置「川崎DPS"KICS-5000"」を新発売。

電動機を内蔵した舶用推進装置「ポッドペラ」を開発。

2004年

MAGターボブロワ1号機を納入。

川崎MAN-B&W型舶用2サイクルディーゼル機関の累計生産1,000万馬力を達成。

2005年

川崎MAN-B&W型舶用電子制御ディーゼル機関の1号機を完成。

超大型・超精密歯車研削盤を導入。

ディーゼル機関生産累計2,000万馬力を達成。

2006年

川崎MAN-B&W型舶用電子制御ディーゼル機関12K98ME(93,360PS)を完成。

世界最高性能の8MW級ガスエンジンを開発、実証プラントの製造に着手。

LNG船用主機タービン世界初の累計100基達成。

2007年

カワサキグリーンガスエンジンが世界最高の発電効率48.5%を達成。

サイドスラスタの累計生産3,000台を達成。

カワサキグリーンガスエンジンを用いた発電設備の実証運転を開始(新潟県上越市)。

2008年 播磨工場にサイドスラスタの生産工場を建設。
累計50基目となるガスコンプレッションモジュールを納入(ONGC/NQRC)。
2010年 URA初号機を完成。
グリーンバイナリータービンの発売開始。
発電効率50%を達成した神戸パワーセンター完成。


※2016年度以前の産業用ガスタービンの歴史はこちら


ページの終わりですページの先頭へ戻る