ページ内移動用のメニューです。


ROOKIES LETTER

禅寺研修―仕事から離れて―

 当カンパニーの新人社員研修の中に禅寺研修というものがあることをご存知でしょうか。比叡山延暦寺の研修施設で、2泊3日修行僧と同様の生活を送るというものです。一度日常業務から離れ、入社から半年近く経った現在の自分自身を見つめなおすことが、この研修の目的です。
 写経、座禅等の研修スケジュールの中でも一番大変だったのが食事の時間でした。食事のどこが大変なのかと思われるかもしれませんが、その理由は食事の場では次のようなルールが決められていたためです。
 ・一切の物音を立ててはならない(雑談、食器を置く音等)
 ・全員が食べ終わるまで正座のまま
 ・食事後、全ての食器をお茶で洗い、飲み干す(洗鉢と言います)
 日常生活では経験することのないこれらのルールの下で、沢山の「不自由」を感じました。しかし研修を終えた今、当たり前のことを当たり前だと捉えずに、ものごとを別の視点から見つめ直す良い機会だったと感じています。みなさんも一度、いつもと異なる環境に身を置き、ゆっくり自分を見つめなおす時間を作ってみてはいかかでしょうか。

写真/禅寺研修―仕事から離れて―

(中国プロジェクト部、生産本部 2012年度新入社員)


ページの終わりですページの先頭へ戻る