ページ内移動用のメニューです。


SUNカートリッジバルブ

[建設機械・産業車両] [産業機械] [舶用装置]

幅広い適用分野

豊富なバリエーション

コンパクト化

高い信頼性

SUNカートリッジ弁

バルブブロック

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら 

こちらのコンテンツをご覧いただくにはWindows Media Playerが必要です。
Windows Media Playerのダウンロードはこちら 

SUNカートリッジバルブの特徴

詳しい情報はこちら  > http://www.sunhydraulics.com/  

幅広い適用分野/様々な分野で大活躍

SUNカートリッジバルブは、数多くの分野で用いられています。あなたの製品にもきっとお役に立てるはずです。

ページ上部へ

豊富なバリエーション/多様でユニークなバルブが勢揃い

方向制御弁、圧力制御弁、流量制御弁はもちろん、サンドイッチ弁、その他ユニークなバルブもあわせて、約260種類揃っています。

最大流量の異なる5シリーズ(シリーズ0~シリーズ4)を取り揃えており、システムに最適なバルブをお選びいただけます。

豊富なバリエーションで、あらゆるニーズに対応いたします。

ページ上部へ

コンパクト化/5軸斜め穴加工でコンパクト化を実現

ページ上部へ

高い信頼性/独自のフローティングスタイル

ページ上部へ

SUNカートリッジバルブの構造

  • SUNカートリッジバルブは、フローティングスタイルと呼ばれるツーピース構造を採用しています。従って、カートリッジバルブ取付時の締付歪の影響が内部動作部品におよぶことがなく、安定した作動を実現します。
  • 最高使用圧力35MPaの高圧で円滑に作動し、リーク量も僅小です。
  • カートリッジバルブについて、最大流量の異なる5シリーズを用意しているため、システムに最適なバルブを適宜ご使用いただけます。
  1. この部分でカートリッジ穴をガイドし、カートリッジ弁とカートリッジ穴の同軸度を保ちます。
  2. カートリッジ穴とカートリッジ弁先端部に若干の隙間を持たせ、カートリッジ弁取付用ネジを有するボディと、内部動作部品を内蔵するスリーブが自由度を持って結合しています。(フローティングスタイル)
  3. フローティングスタイル構造により、高トルクでの締付を可能としています。その結果、緩みや油漏れに対する信頼性が大幅に向上しています。
  4. ロケーティングショルダーと呼ぶこの面で締付による軸力を受け、スリーブ部での歪発生を防止します。
  5. ネジ部をスリーブの間近に配置することにより、スリーブの偏心を最小限に保ちます。
  6. ボトムショルダーと呼ぶこの面で、作動中に発生するスリーブの荷重を全て受けます。(ワイヤーリングは荷重を分担しません。)
  7. 同一カートリッジ穴に対して、多種の機能を有するカートリッジ弁が適用可能ですので、設計に柔軟性があります。

SUNカートリッジバルブの適用例(コンポーネント)

ページ上部へ


ページの終わりですページの先頭へ戻る