ページ内移動用のメニューです。


沿革

2010年 川崎重工と再統合し、川崎重工業株式会社 精密機械カンパニーに改称
2009年 500KW太陽光発電システム本格稼動
2008年 本社工場に機器第四工場建設
川崎精密機械(蘇州)有限公司第二工場建設
2007年 本社工場にコアパーツ工場建設
2005年 川崎精密機械(蘇州)有限公司を設立
2002年 川崎重工業(株)より分社独立し、川重ハイドロリック(株)とともに(株)カワサキプレシジョンマシナリを設立
カヤバ工業(株)と業務提携開始
2001年 事業部名を精機ビジネスセンターと改称
1998年 ノルウェーの審査登録機関DNVより、ISO14001の認証を取得
TPM優秀特別賞を受賞
1997年 仏国、Poclain Hydraulics s.a.と多行程モータの販売提携を結ぶ
中国、上海液圧ポンプ厰と油圧機器に関するサービス協定を締結
1996年 TPM継続事業場賞を受賞
1994年 ノルウェーの審査登録機関DNVより、ISO9001の認証を取得
1993年 英国に Kawasaki Precision Machinery(UK) Ltd.を設立し、Staffa Motorの生産を開始
米国、Kawasaki Motors Corp.,USAにPrecision Machinery Divisionを設立し、米国における販売拠点を確保
米国、Sun Hydraulics Corporationとカートリッジ弁の販売 提携を結ぶ
1987年 事業部名を精機事業部と改称
1986年 川重ハイドロリック株式会社を設立し、油圧機械事業部製品の サービス・メンテナンス業務を移管
1976年 高圧形スクリュウポンプ(B4形)を製作・販売
1968年 西神戸工場を新設、移転。油圧機械事業部発足
斜板形アキシャルピストンポンプ・モータを開発
1962年 斜軸形アキシャルピストンポンプ・モータを製作・販売
1950年 紡糸用歯車ポンプを製作・販売
1936年 スクリュウポンプの製作・販売を開始
1924年 電動油圧舵取機完成
1916年 旧川崎造船所・造機工場(現在の神戸工場)で、ヘルショウ形ラジアルピストンポンプに取組む

ページの終わりですページの先頭へ戻る