ページ内移動用のメニューです。


航空機整備用設備

川崎重工は1978年に成田空港に航空機整備用ドックを納入して以来、ドック、ランディングギア整備用昇降床など 多くの航空機整備用設備を国内外の航空会社へ納入しています。長年にわたる経験と広範囲にわたる航空機整備作業及び整備用施設のノウハウにより、航空機整備用設備メーカーとして、安全で効率的な作業ができる設備を提供しています。

特長

川崎重工は多くの多機種対応のドックを納入してきました。2008年には全日本空輸㈱向けに4機種(B747,B777,B767,B787)対応のドックを納入しました。高いエンジニアリング能力により、安全で洗練された、また顧客の要求に応じ新型航空機にも対応したドックを納入しています。
ランディングギア整備用昇降床も多機種に対応しており、汎用性があります。

お問い合わせ

こちらの製品に関するお問い合わせは川崎重工 プラント・環境カンパニーにご連絡ください。

ウェブサイトからのお問い合わせ


ページの終わりですページの先頭へ戻る