ページ内移動用のメニューです。


TBM

TBMは硬岩地質においてカッターヘッド前面に取り付けた、ローラーカッタで地山を掘削するマシンです。当社は硬岩地質のみならず破砕帯を含む広範な地質にも対応可能な改良を実施してきました。

写真:Φ12.84m改良オープン型TBM

写真

拡大する

Φ5.0mオープン型TBM

拡大する

Φ5.0mオープン型TBM

拡大する

Φ2.8mシールド型TBM

拡大する

Φ4.55mシールド型TBM

プロジェクト事例

JR吾妻付替線八ツ場トンネル工事

全断面掘削・高速施工


硬岩層と破砕帯両方に対応可能な高出力・高推力のオープンタイプTBMで、地山の緩み・肌落ちにはルーフサポート及び、ルーフサポートを装備、掘削精度確保のために掘削管理・方向制御を配慮しました。

本工事は鉄道トンネルへの全断面TBM工法の適用としては初めての事例となりました。

 

マシンタイプオープン型TBM
マシンサイズΦ6.82m
トンネル用途鉄道
場     所日本
施     主東日本旅客鉄道株式会社
施     工清水建設・西松建設・間組共同企業体
掘 削 延 長4,124m
掘 削 時 期2001年8月~2004年1月
工     区吾妻線岩島・長野原間付替八ッ場トンネル新設工事

主な実績

納入年 プロジェクト 施主 施工マシン外径延長特徴
1998年 第二名神高速道路
栗東トンネル下り線西工事
日本
滋賀
日本道路公団 鹿島・日本国土開発・
大日本土木共同企業体
5.0m 2,541m 連続ベルトコンベアを装備
連続掘進・連続ズリ搬出可能
トンネル内作業環境が著しく改善
2001年 JR吾妻付替線
八ツ場トンネル工事
日本
群馬
東日本旅客鉄道 清水建設・西松建設・
ハザマ組共同企業体
6.82m 4,160m 日本初 TBM掘削による
全断面鉄道トンネル
2002年 第二東名高速道路
清水第四トンネル
日本
京都
日本道路公団 大林・三井・鴻池
共同企業体
5m 3,500m 曲線半径30mRのUターン工法
メインぐりっパートシールドジャッキの併用掘進

お問い合わせ

こちらの製品に関するお問い合わせは川崎重工 プラント・環境カンパニーにご連絡ください。

ウェブサイトからのお問い合わせ

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら 


ページの終わりですページの先頭へ戻る