ページ内移動用のメニューです。


一般廃棄物処理プラント

私たちの日常生活から排出される大量の廃棄物から環境を守り、社会の持続的発展を維持するため、廃棄物の処理・再資源化を実現する技術が求められています。燃える廃棄物はこれを燃料として発電し、あとに残った灰までも資源として活用し、燃えない廃棄物はこれを破砕し、徹底的な選別によって資源を回収するとともに、残渣の改質・資源化と、無害化を図っています。 ごみを“処理する”ことから“利用する”ことへ。川崎重工は、いち早くこのテーマに取り組み、さらなる挑戦を続けています。


ページの終わりですページの先頭へ戻る