ページ内移動用のメニューです。


ソーダ回収ボイラ

ソーダ回収ボイラは、紙パルプ工場で木材を溶解しパルプ(繊維質)を取り出した後に残る非繊維木質と溶剤の混合液(黒液)を燃料とするボイラで、木質分の熱量を利用するとともに溶剤(ソーダ)を回収する省エネ・省資源型の合理的な設備です。また近年、バイオマス燃料を利用する優れたCO2低減技術として、地球環境対策の側面からも高い評価を受けています。
川崎重工では、1949年に紙パルプ工場向けのソーダ回収ボイラを設計・製作して以来、現在までに約100缶を納入し、我が国におけるソーダ回収ボイラの歴史を築いてきました。
半固形状で燃焼するMurry Waren形ボイラに始まり、スプレイ式、スカンジナビア式無臭気形、単胴形など常にユーザーのニーズに応えた回収ボイラを製作してきました。

特長

回収ボイラの設備容量は年々大きくなっており、最新のプラントでは、黒液固形分の最大処理量は2,900t/d、ボイラ蒸発量は475t/hになっております。
また、耐食技術の向上により蒸気の圧力・温度も上昇し10.3MPa、505℃に達しています。
燃焼室内における燃焼とソーダの回収を確実にするための黒液の低圧噴射方法や4段空気供給方式の採用、Na、S、Cl等腐食性の強い成分を多量に含む黒液の燃焼ガスによる損傷を防ぐための耐食材料の選定やコンポジット管の採用等長年の経験と実績に基づく回収ボイラ特有の技術が多く採用されています。
これにより、優れた安全性と長期連続操業、薬品および熱の高効率回収、省エネルギー・低公害を実現しています。

お問い合わせ

こちらの製品に関するお問い合わせは川崎重工 プラント・環境カンパニーにご連絡ください。

ウェブサイトからのお問い合わせ


ページの終わりですページの先頭へ戻る